アクセス解析でわかることは?初心者でもできるWebサイトのデータ分析・活用方法をプロが解説

MOLTS編集部

記事をシェア

アクセス解析でわかることは?初心者でもできるWebサイトのデータ分析・活用方法をプロが解説

「Webサイトを運用しているのに、思うように成果が出ない」「そもそも、どれくらい効果が出ているのかわからない」といった悩みを抱えるWeb担当者も多いのではないでしょうか。

そんな時に欠かせないのが、サイトのアクセス解析です。

アクセス解析とは、

  • Webサイトに訪れるユーザーの行動(サイトでどんな動きをしているか)
  • Webサイトに訪れるユーザーの属性(どんな人がサイトに訪れているのか)

などを、アクセス解析ツールを用いて分析することです。

サイト全体のアクセス数(PV・セッション)やコンバージョン数、特定ページのユーザー行動などを基に分析を行うことで、Webサイトの現状を定量的に観察し、課題点を浮き彫りにして、改善施策へと繋げていくことができます。

アクセス解析と聞くと、専門的な知識が必要不可欠なように思いますが、ポイントをしっかりと抑えることで、初心者でも基本的なアクセス解析を行えるようになります。

本記事では、アクセス解析を通して具体的に何がわかるのか、またアクセス解析を始める上で気をつけるべきポイントについて解説していきます。

Result Driven.

アクセス解析をする3つの目的

冒頭でもお伝えしましたが、アクセス解析は、サイトの現状を正しく把握し、課題点を浮き彫りに、そして改善へと繋げていくことができます。

  • 長年Webサイトを運営しているが、成果が出ない
  • より一層、成果が出るWebサイトにリニューアルしたい
  • トラフィックはあるのに、コンバージョンが発生しない
  • 実施しているマーケティング施策が効果的なのかを知りたい

運営しているWebサイトで、上記のような悩みがあれば、アクセス解析は有効だと言えます。ここからは、アクセス解析を行う目的について、詳しく解説していきます。

【アクセス解析の3つの目的】

  1. Webサイトの現状把握
  2. 施策の効果測定
  3. モニタリング

①Webサイトの現状把握

「Webサイトを改善したい・リニューアルしたい」と考えた時に、まず始めるべきはサイトの現状を正しく把握することです。

月間のPV数やセッション数を把握しているという担当者は多いのですが、具体的にサイトに訪れるユーザーがどんな人で、どんな状況でサイトにアクセスしているのかを詳細に把握できている担当者は多くありません

また同様に、サイト内のどのページがコンバージョンに貢献しているのか、ユーザーがサイト内でどのように行動しているかを、正確に把握できているケースは少ないように感じます。

アクセス解析は、「行動データ」「属性データ」「技術環境データ」などアクセスログに蓄積されていくデータの分析を通して、サイトに訪れるユーザー像の可視化や、行動把握に貢献します

行動データ新規/リピート、来訪経路、閲覧ページ、会員 / 非会員
属性データ性別、年齢、地域、言語、興味
技術環境データデバイス、OS、ネットワーク、解像度、アクセスブラウザ

「検索からサイトに流入したユーザーは、商品の購入率が高い」「特定のページで多くのユーザーが離脱をしている」など、ユーザーのリアルな行動を捕捉することで、効果的な改善策を打ち出すことが可能になります

▼関連記事
ユーザー行動を分析することで企業課題の解決に活かすプロのアプローチや考え方については、別記事「ユーザー行動の分析をプロはどう行うのか?3つの事例から紐解く」をぜひご覧ください。

②施策の効果測定

アクセス解析を行う2つ目の目的は、施策の効果測定をすることです。

効果測定とは、何らかの施策を打った時に、効果がどれくらい出ているかをデータを用いて検証するためのものです。実施した個々の施策に対して、意図した通りの結果に結びついているかを判断します。

③モニタリング

モニタリングとは、対象となるWebサイトを定点的に観測し、目標に対する達成度合いを把握することです。

例えば、この記事をご覧いただいている自社にて、Webサイト経由の「月間資料請求数」を1万件を目標に定めたとしましょう。

1万件を達成するための心がけとしては、下記のどちらが有効でしょうか?

・翌月になってから結果を振り返る

・今どこまで来ているか、月途中で達成状況を定点観測する

言うまでもなく、後者のほうがより目標到達に近くなるでしょう。

なぜならば、中間地点でのモニタリングを行った方が、月半ばで「5,000件に到達していない」ことがわかり、手遅れになる前にリカバリーのための施策を講じることができるからです。

アクセス解析をする前に準備すること

アクセス解析を行うために、Googleアナリティクスを導入したけれども、どの数値を見ればいいかわからず、結局活用できていないというケースはよく聞かれます。

アクセス解析で得られるデータは、膨大です。その全てをチェックし、分析しようとしても時間だけがかかり、実際に施策の実行にまで至らない場合がほとんどです。

そのためアクセス解析を始める前に、「サイトの目的」や「改善したいポイント」を明確にした上で、分析を行なっていく必要があります。

サイトの目的を設定する

まずは、Webサイトで達成したい目的(ゴール)を明確にする必要があります。Webサイトを運営する目的は、企業によって様々です。

商材やサービスの認知度を向上させることが目的の場合もありますし、お問い合わせや資料請求を目的とする場合や、ECサイトで直接的な売上を拡大することが目的といったケースもあるでしょう。

あるいは、FAQサイトのように、利潤の追求ではなく、「お困りごとの解決」を目的としたものもあります。

それぞれの目的によって、アクセス解析で分析すべき箇所は異なりますし、改善施策も変わってきます

目的が明確でないと誤った施策を招いてしまうことがあります。例えば、サイトのアクセス数が改善したのにも関わらず、肝心のコンバージョン(お問い合わせや資料請求)に全く繋がっていないというケースは良く聞かれます。

自社の事業を拡大するにあたり、どのようにWebサイトを活用するのか、その位置付けを明確にした上で、アクセス解析を始めると良いでしょう。

アクセス解析の用語を知る

アクセス解析をする上で、基本的な用語について理解しておく必要があります。ここではGoogleアナリティクスでアクセス解析をする際に、頻出する用語について解説していきます。

PV(ページビュー)

Webサイトの特定ページが開かれた回数を表します。1ユーザーが特定ページを10回閲覧すると、10PVになります。後ほど、ご紹介するUUやセッション数と混同しがちなので、注意が必要です。

UU(ユニークユーザー)

UUとは、Webサイトに訪問したユーザーの数を表します。集計期間内で、同一のユーザーが何回サイトに訪れたとしても、1UUと計測されます。ただし、UU数の計測方法はアクセス解析ツールによって若干異なります。

例えば、Googleアナリティクスの場合、同一ユーザーかどうかの特定を、発行したCookie情報によって行います。そのため異なるブラウザや端末を使用した場合や、Cookieを削除した受け入れを拒否している場合などは、同一のユーザーでも異なる人物として計測することがあります。

セッション数

セッション数とは、ユーザーがサイトに訪問した回数を表します。同一のユーザーが、サイト内で複数ページを閲覧して、離脱した場合、1セッションと計測されます。

ただし、セッションの持続時間は最後のPV発生から30分(変更が可能)となっており、離脱したユーザーが30分を過ぎてから、再びサイトに訪問した場合は、次のセッションとしてカウントされます。

また、30分を経過しなくても新しいセッションとして認識される場合があります。(以下は、Googleアナリティクスのセッション算出方法です。)

  • 1日の終わり:日付が変わるとセッションはリセットされます。例えば、午後11時50分にユーザーがサイトに訪れ、20分後の翌日午前0時10分に離脱したとしても、日付を跨いでいるため、セッション数は「2」とカウントされます。
  • キャンペーンの切り替わり:ユーザーのキャンペーンソースが変わるたびに、新しいセッションとして認識されます。例えば、検索でサイトに流入したユーザーが一度離脱し、広告から再びサイトに流入した場合は、30分を経過していなくてもセッション数は「2」とカウントされます。

ページ / セッション

ページ / セッションとは、1セッションつまり、ユーザーがサイトに訪問してから離脱するまでに、何ページを閲覧したかを表します。ページ / セッションの値が、「2」の場合、ユーザーがサイト内での一連の行動で、2ページ閲覧したことになります。

「サイト内の回遊性」と表現される場合もあり、ユーザーに多くのページを閲覧してもらいたいと考えているサイトであれば、ページ / セッションを高める施策が求められます。

LP(ランディングページ)

ランディングページとは、Webサイトに訪れたユーザーがセッションの中で一番最初にアクセスするページを指します。

ランディングページは、Web広告で主に用いられる、訪問したユーザーを「お問い合わせ」や「注文」といった次のアクションを促すために作られたページを指す場合もありますが、アクセス解析の文脈で使われるランディングページは、前者の意味で用いられます。両者を混同しないように注意が必要です。

コンバージョン / コンバージョンレート(CVR)

コンバージョンとは、資料請求・お問い合わせ・予約・注文・会員登録など、設定した目標をユーザーが達成することを指します。最終的なコンバージョンに加えて、中間目標であるマイクロコンバージョンを複数設定できます。

コンバージョンレート(CVR)とは、サイトの訪問者(UU数・セッション数)がどれくらいコンバージョンに至ったかを表す数値です。例えば、100セッションの内、1件のコンバージョンが発生した場合、CVRは1%になります。

▼関連記事
そのほか、アナリティクスの基本情報については「Googleアナリティクスとは?使い方・導入方法の全体感を解説」で詳しく解説しています。ぜひ、知識を深めるために合わせてご覧ください。

正しくデータが収集できる環境を用意する

当たり前のように思うかもしれませんが、意外とできていないのが、正しくデータを収集できる環境を整えることです。

よく起こりがちなミスが「Googleアナリティクスの二重計測」です。Googleアナリティクスから付与される同一のトラッキングコードが複数個埋め込まれることによって、実際のアクセス数よりも多くカウントしてしまうなどの問題が発生します。

前任の担当者がすでにGoogleアナリティクスの設定を行なっていたのにも関わらず、再度トラッキングコードを埋め込んでしまうケースや、GoogleタグマネージャーとGoogleアナリティクスを併用する時に、二重計測が起こってしまうことがあります。

二重計測が起きていると、直帰率が異様に低く計測されるといった現象が発生します。Googleアナリティクスである時点から異様に直帰率が低くなっている場合は、二重計測のチェックをして見ると良いでしょう。

Googleアナリティクスの二重計測に関しては、GoogleChromeの拡張機能である「Tag Assistant」を利用することで、同一のトラッキングコードが計測されているかを確認することができます。

またGoogleアナリティクスの二重計測の問題の他にも、自社IPからのアクセスが集計に含まれることや、同一のコンテンツ内容でもURLが異なることで、正しくデータを分析できないケースがあります。

これら正しくデータを収集する環境を構築するためには、専門知識や細かい設定が必要になってきますので、自社で構築できない場合は、プロに相談することをおすすめします。

アクセス解析をする時の4つのポイント

アクセス解析はデータを収集するだけでは意味がありません。得られたデータを分析し、改善へと繋げるのが目的です。ここではアクセス解析を始める上で気をつけたいポイントについて解説をしていきます。

①過去のデータと比較でみる

アクセス解析で得られたデータは、過去のデータと比較してみることが大切です。

Googleアナリティクスを導入して、PV数やセッション数を取得できるようになると、ついつい日々の数値の増減を追ってしまいがちです。しかし、日々の数値そのものに意味はありません。週単位・月単位など長期でデータを比較することで、初めて数値に意味を持たせることができます。

②外部要因も考慮する

サイトのデータには、外的要因が必ず作用します。例えば最近では、SEOでの流入施策に注力して、着実にサイト流入を増やしていたのにも関わらず、新型コロナウイルスの影響で市場環境が変わり、アクセス数が激減したという話も聞かれます。

内的要因だけに原因を求めすぎると、市場環境の大きな変化を見落としがちです。新型コロナウイルスの影響はわかりやすいかもしれませんが、競合会社がテレビCMやWeb広告を開始したことにより、自社のWebサイトのアクセス数に影響が出るケースもあります。アクセス解析をする時は、市場において大きな変化を及ぼす要因があるかどうかも頭に入れておく必要があるでしょう。

③分析レポートを周囲に共有する

アクセス解析の分析レポートは、周囲に必ず共有することが大切です。データ分析者は、サイトでこういう事象が起こっているという原因の追求が得意な一方で、それをいかに改善に繋げていくかといったアイデアまで落とし込めないことがあります。

そのため定例会など、デザイナー・エンジニアやコンテンツ担当者などとレポートを共有する場を設けて、どのようにデザインやコンテンツを修正したら改善へと繋がるのかを議論しましょう。

④ユーザーの気持ちになって考える

アクセス解析では見えづらいユーザーのインサイトも考えていく必要があります。例えば、とあるボタンがクリックされていないという事象をアクセス解析で発見できても、なぜクリックされないかの原因を探るためには、ユーザーニーズの深掘りが欠かせません。

実施にサイトを利用しているユーザーの生の声を聞く「ユーザー調査」や「アンケート調査」、UXの専門家による「エキスパートレビュー」といった定性的な視点からもサイトを見ていくことが求められるでしょう。

無料で使えるアクセス解析ツール

Googleアナリティクスをはじめ、無料で使えるアクセス解析ツールがいくつか提供されています。計測タグをサイトに埋め込むだけで、データを収集できるので、初めてアクセス解析を行なってみたいという場合には、無料のアクセス解析ツールを活用してみると良いでしょう。

ここでは、代表的なアクセス解析ツールを3つご紹介していきます。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスとは、Google社が無料で提供しているアクセス解析ツールです。サイト全体のアクセス数をはじめ、流入経路やユーザーの行動フローなど幅広いデータを収集することができ、アクセス解析には必須ツールと言えるでしょう。

Googleアナリティクスで計測できるデータは、主に以下の4つに分類できます。

  • オーディエンス:「どんな人が」「どれくらい」サイトに訪れているか
  • 集客:「どこから」サイトに訪れているか
  • 行動:「どこの」ページを見ているか
  • コンバージョン:(資料請求や申し込みなど)目標を達成することができたか

計測対象のWebサイトをGoogleアナリティクスに登録すると、Javascriptで記述された「トラッキングコード」が付与されます。トラッキングコードをサイト内に埋め込むだけで、簡単にアクセス計測を開始できます。

▼関連記事
なお、データを正しく計測するためには、フィルタ設定やURLクエリパラメータの除外設定など、環境を整える必要があります。詳しくは、別記事「Googleアナリティクスとは?使い方・導入方法の全体感を解説」で解説してますので、参考にしてください。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールも、アナリティクス同様にGoogle社が提供する無料のアクセス解析ツールです。Googleサーチコンソールは、SEOからの流入のパフォーマンスを確認するために用いられます

  • 検索トラフィック:Googleの検索画面での表示回数・クリック回数・クリック率・平均順位など
  • 検索クエリ:どのようなワードで検索されてサイトに流入しているか
  • インデックス登録状況:特定のページがGoogleにインデックスされているか
  • クローラー状況:Googleのクローラーの回遊頻度

計測方法は、サーチコンソールにログインをし、登録したいサイトのURLのプロパティ追加をすると、HTMLのタグが発行されます。Webサイトのhead内に貼り付けるだけで、計測を開始します。なお、Googleアナリティクスとの連携も可能で、アナリティクスの管理画面からパフォーマンスを確認できます。

SEOを集客の軸にしているサイトや、これからSEOに注力していきたいサイトを運営している場合は、Googleアナリティクスに加えて、Googleサーチコンソールの導入もおすすめします。

▼関連記事
SEOからのサイト流入を増やしていきたいとお考えの方は、別記事「SEO記事は設計が肝心!国や大手を抜いて検索1位に選ばれる記事の書き方」でコンテンツSEOの考え方について解説していますので、そちらも合わせて参考にしてください。

User Heat

User Heatは、株式会社ユーザーローカルが提供するヒートマップツールです。ヒートマップツールとは、特定のページ内でユーザーが熟読している箇所や、クリックしている箇所を色の濃さで可視化するツールのことです。

ユーザーにクリックされていないボタンや、読まれていない箇所を把握することで、コンテンツやデザインの改善に役立てることができます。

User Heatでは、月間30万PVまで計測することができ、PCだけでなくスマートフォンのユーザーの行動まで確認が可能です。

【番外編】最新版のGoogleアナリティクス(GA4)の導入を進めよう

自社サイトの計測やアクセス解析にGoogleアナリティクスを活用している企業も多いと思います。

しかし、意外と知られていないのが従来のGoogleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス、 UA)のサポート終了が正式にアナウンスされたことです。

UAは、2023年7月1日をもって、新しいデータの使用や収集ができない状態になります。

参考:ユニバーサル アナリティクスのサポートは終了します – アナリティクス ヘルプ

そのため、今後アクセス解析にGoogleアナリティクスを活用するためには、最新バージョンである「Googleアナリティクスプロパティ4(GA4)」の導入を進めていく必要があります。

ただしGA4は、リリースはされたもののまだ「発展途上」とも言えるバージョンです。2022年4月現在で管理画面が頻繁に変更されることや、GA4に関する学習コンテンツがまだ不足していることから、本格的に活用するのにはやや時期尚早と言えます。

その一方でGA4の導入が遅れると、いざGA4を活用し始めようとしたときに、GA4上に過去データがないため昨対比などのデータ分析ができなくなってしまいます。

そのため、現段階では、GA4の導入を進めデータの蓄積を行う、その上で従来のアナリティクスで引き続きアクセス解析を行うといったスタンスをとるのが得策と言えるでしょう。

▼関連記事
GA4の導入に関して詳しく知りたい方は、別記事「GA4はいつ導入するべき?と聞かれたら、「すぐ」と答える理由」で解説してますので、参考にしてください。

アクセス解析でチーム / 事業を推進させる

本記事ではアクセス解析の目的や、始める上で気をつけるべきポイントについて解説してきました。

アクセス解析とは、サイト課題を発見し、改善施策へと繋げることに意味があります。分析レポートを作成して終わりでは何の意味もありません。

どうすればサイトで事業貢献ができるのかを意識し、周囲のメンバーを巻き込みながらPDCAサイクルを回せる体制を作っていくことが大切です。

  1. MOLTS
  2. アクセス解析
  3. ナレッジ
  4. アクセス解析でわかることは?初心者でもできるWebサイトのデータ分析・活用方法をプロが解説