本記事では、Google ディスプレイ ネットワークのプレースメントターゲットと、Yahoo!ディスプレイ広告(運用型)のプレイスメントターゲティングの、仕組みや効果的な使い方、設定方法を紹介します。

なお、GoogleとYahoo!の両者をまとめてプレースメントターゲティングと表現します。

現在、以下のようなことでお困りではありませんか?

・ディスプレイ広告を理解した担当者がいない
・事業成長のために投資する予算を見直したい
・現状の目標設定が無謀か見極めたい

ディスプレイ広告の運用、クリエイティブ制作に精通したプロフェッショナルメンバーが、御社に最適なサポートをいたします。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

➡︎ ディスプレイ広告の運用実績・サービス内容の詳細

プレースメントターゲティングとは?仕組みとメリット、デメリット

プレースメントターゲティングは、ディスプレイ広告の配信方法の一つです。広告を配信または除外するウェブサイトやモバイルアプリ、動画を指定することで広告の配信先を制御できます。

プレースメントはウェブサイト全体の場合もあれば、サイト内の一部の広告ユニットに限られる場合もあります。

▼関連記事
ディスプレイ広告の効果改善に関しては、「ディスプレイ広告を改善させるには?見るべき指標と5W3H」も参考にしてください。

プレースメントターゲティングのメリット

宣伝したい商品・サービスとの相性の良い配信先や、ターゲットとするユーザーと親和性の高い配信先を設定することで、少ない予算で効果的に配信することができます。

配信実績から、CVが獲得できない・効率が悪い配信先を除外することで、効率改善も期待できます。

また、ブランドセーフティを保つためにも、配信先の指定/除外を行うことは重要です。

プレースメントターゲティングのデメリット

配信先を指定することで、配信量自体が少なくなるほか、競合が多い配信面では入札単価が上がることが考えられます。

また、新規の配信面やメディアへの配信がされないという面もあります。

相性の良い(効果の高い)配信先が明確になっていない場合は、配信先の除外のみ設定して配信開始し、配信先ごとの実績から相性の良い配信先を見つけましょう。

プレースメントの選定とターゲティングの4つの活用方法

ここからは、プレースメントターゲティングを行うにあたってのプレースメントの選定方法と、活用方法を紹介します。

1. 他のターゲティング方法と組み合わせて配信する

プレースメントターゲティングに他のターゲティングを組み合わせることで、より対象ユーザーを絞り込んだ配信が可能です。

プレースメントターゲティング x キーワード(Googleのみ)

キーワードを掛け合わせることで、指定したプレースメントの中でも、キーワードと関連性の高い配信面への配信が可能です。

例えばニュースサイトなど、多様なカテゴリーのページがあるサイトを配信プレースメントとして設定する場合は、ターゲットユーザーとの関連性が低いページも配信対象に含まれてしまう場合があります。

その際に、キーワードを設定することで、配信プレースメントの中でも関連性の高いページに絞った広告配信ができるようになります。

参考:Google 広告ヘルプ|プレースメントとキーワードの組み合わせ

プレースメントターゲティング x ユーザー属性

年齢や性別などのユーザー属性を組み合わせることで、どのようなユーザーに広告を表示するかを指定することができます。商品やサービスのターゲットユーザーの属性が絞られている場合には、特に効果的です。

キーワードを掛け合わせて、さらに絞り込むことも可能です。

2. これまでの配信実績から効果の高い配信先を選択する

すでにディスプレイ広告を実施している場合は、広告管理画面やレポート作成することで配信先ごとの実績が確認できます。

CV獲得状況に応じて特定プレースメントの入札強化やプレースメントの除外設定を行う、効果の高い配信先の傾向を掴むなどして、新たな配信先追加を検討しましょう。

3. 商品やサービス、ターゲットユーザーとの親和性の高い配信先を設定する

あらかじめ配信する広告グループと親和性の高い配信先がわかっている場合は、それらを設定することで、より効果的な配信を見込めるようになります。

例えば商品が電化製品の場合、対象商品での閲覧数が多い価格.comのサイトを指定したり、また、ターゲットが30代女性の場合、登録ユーザー層の近いクックパッドのサイトを指定します。

4. Googleにおける自動プレースメントを活用する

Google ディスプレイ ネットワークでは、プレースメントの設定方法には、自動プレースメントと手動プレースメントの2つの設定方法があります。

自動プレースメント

設定したキーワードやトピックに基づき、配信先が自動で設定されます。

過去の配信実績がない場合、まずは自動プレースメントで配信してみて、配信先ごとの成果に応じて手動プレースメントに切り替えることもおすすめです。

手動プレースメント

ディスプレイ ネットワークのどのウェブページ、動画、アプリに広告を表示するかを指定する手動プレースメントの場合、特定のプレースメントの入札単価を個別に設定できます。

プレースメントターゲティングの設定方法

それでは、プレースメントターゲティングの具体的な設定方法を説明します。

あらかじめプレースメントターゲティングを行うキャンペーンと広告グループを用意してください。

Google ディスプレイ ネットワーク

対象の広告グループで、プレースメント > ペンマーク > プレースメントの編集をクリックして編集ができます。

プレースメント > ペンマーク

ペンマーク > プレースメント

検索窓に設定したいページのURLや関連キーワードを入力し検索します。

候補から、配信先として設定したいプレースメントにチェックを入れて設定完了です。

Yahoo!ディスプレイ広告(運用型)

Yahoo!では、あらかじめ作成したプレイスメントリストを広告グループに紐づけることで配信対象(または配信対象外)の設定ができます。

まずは、プレイスメントリストを作成します。

プレイスメントリスト管理画面から、広告の配信対象(または配信対象外)とするウェブサイトのリスト(プレイスメントリスト)を作成します。プレイスメントリストに追加するURLは、手動で入力する、またはURL候補の一覧から選択しましょう。

次に、ツールタブ > プレイスメントリスト管理 に移動します。

プレイスメントリスト作成 > 新規作成 をクリック。

リスト名を任意で設定し、検索窓にURLを入れて選択、もしくは手動で入力タブに移動し直接複数プレイスメントを入力して設定が可能です。

不明な配信先を追加、のボタンが選択できますが、特定の配信先のみを指定したい場合は選択しないでおきます。

※広告の配信先URLが何らかの理由により取得できない場合は、「不明な配信先」に該当します。

リストの作成が完了したら、広告グループに設定します。使用するリストにチェック >広告グループに設定 をクリックしましょう。

設定する広告グループ、配信対象/配信対象外 を選択のうえ、設定をクリックし、完了です。

まとめ|配信先やターゲティングの効果的な設定でより高いパフォーマンスを

プレースメントターゲティングは、正しく選定・活用すれば高いパフォーマンスが見込めます。

商品やサービス、ターゲットユーザーとの相性の良い配信先を見つけ、さらには他のターゲットとうまく組み合わせることでより効果の高い配信を実現しましょう。

現在、以下のようなことでお困りではありませんか?

・ディスプレイ広告を理解した担当者がいない
・事業成長のために投資する予算を見直したい
・現状の目標設定が無謀か見極めたい

ディスプレイ広告の運用、クリエイティブ制作に精通したプロフェッショナルメンバーが、御社に最適なサポートをいたします。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

➡︎ ディスプレイ広告の運用実績・サービス内容の詳細