キーワード設定
1位以外のコンテンツは意味なしを実現するために

企業の課題解決が行えるキーワードを設計、1ページの無駄もないよう心がけています

オウンドメディアマーケティングにおいて、検索流入を確保することはあくまでひとつの選択肢に過ぎません。しかしながら、KRAFTではその検索流入の確保を重要視しています。なぜなら、企業課題を解決する上で求めている結果を生み出しやすく、また結果を残し続けられる流入経路が検索流入だと考えるからです。

そして、KRAFTでは「検索順位1位以外は意味がない」という方針をもち、コンテンツ制作及びメンテナンスを行っていきます。さらに、そもそも不要なキーワードを除外し、狙うべきキーワードが何なのかを徹底的に洗い出すことで、オウンドメディアマーケティングのROIを高めていけるよう努めています。

「1%のコンテンツでしか目的が達成されていない」という事実をどう捉えるか

KRAFTがこれまで様々なクライアントのオウンドメディアマーケティングを支援させていただき、特にコンテンツSEOを中心に組み立てられたオウンドメディアに携わって実感しているのは、目的を達成できるコンテンツは全体の1~5%程度であるケースが圧倒的多数だということです。

例えば、「リードを獲得する」という目的に対してコンテンツを100ページ用意しているオウンドメディアで、実際にリードが発生しているコンテンツは1ページしかない、という具合です。

もちろん、その1%のコンテンツで目的を達成するために残りの99%のコンテンツを用意する場合もありますが、コンテンツSEOを中心に組み立てられたオウンドメディアすべてでそれが実現できているかというと、そうではありません。99%が無駄なコンテンツになっているケースもあるのです。

そこでコンテンツSEOを進めるにあたって最小のコンテンツで最大の結果を出すためには、キーワード設計は非常に重要なプロセスとなります。

「検索順位1位以外のコンテンツに意味なし」を実現するために

KRAFTはコンテンツSEOにおいて「コンテンツを育てていく」という発想を持ち、狙っているキーワードでの検索順位を上げていくことを大切にしています。統計的に検索順位1位と2位ではCTRが全く違うため、目的達成のためには検索順位が2位以下のコンテンツはすべてメンテナンスを加え、1位を獲得しにいきます。

その結果、過去実績として大手有名サイトや既存の競合サイト、または行政が用意するページを抜いて検索順位1位を獲得することは不可能ではないことを証明し続けています。

ただし、それを実現するには工数が必要となります。そのため、本当に必要なキーワードは何かを突き詰めていくことで、無駄なアクションを最小限にしていく必要が出てきます。そこで「検索順位1位以外のコンテンツに意味なし」を実現するためにも、キーワード設計は非常に重要な役割を持っています。

どのようにキーワード設計を行っていくのか

キーワード設計の手法はいくつもありますが、KRAFTではカスタマージャーニーマップを用いて、ユーザーが目的を達成するまでの道筋を描き、それぞれのユーザー心理、また態度変容に合わせてキーワードを抽出する手法を多く取り入れています。

目的達成のための道筋を描きつつキーワードを抽出することにより、キーワード、またキーワードの入ったコンテンツの役割を明確にできるメリットがあります。

またそこから抽出したキーワードを「Good Trend」「Keyword Tool」「goodkeyword」といったツールや既存サイトのデータを用いて狙っていくキーワード候補を増やしていき、その中から獲得したいキーワードを最終的に選定していきます。

その他のサービス

Contact

お問い合わせ

下記フォームに必要事項をご入力の上、
Send ボタンをクリックしてください。

※全て必須項目です

個人情報の取扱いについて

お客さまの個人情報はお問い合わせに対する返信の目的でのみ利用し、当社にて適切に管理します。 法令などにより開示を求められた場合を除き、お客さまの同意無しに第三 者に開示・提供することはありません。

Thanks!

お問い合わせありがとうございます。
ご記入いただいたメールアドレス宛に、自動返信メールが送信されます。

また、万一返答がない場合につきましては、大変恐れ入りますが [email protected] までご連絡をいただけましたら幸いです。

弊社では、オウンドメディア関連の勉強会「Owned Media Meeting」を毎月1-2回開催しております。ご興味のある方はぜひチェックしてみて下さい!