SERVICE2

MAツール活用

提供領域

リードナーチャリングの成果最大化を実現するMAツール活用支援

お問い合わせいただく課題

ISSUE

MAツール活用に関して、お問い合わせをいただくことが多い課題です。下記課題の他にもクライアントの状況をヒアリングし、事業成長に繋がる的確な課題の発見と解決策をご提示します。

どのMAツールを導入すればいいのかわからない

MAツールを導入したいと考えているが、自社の体制や予算感に合ったMAツールがどれなのかわからない。また、そもそもMAツールを導入すべきかどうかもわからない。

MAツールを導入しているものの、効果を感じられない

MAツールを導入してみたが、正しい運用方法がわからず、いまいち効果を実感できていない。適切なMAツールの設定を行ったり、スコアリングの精度を上げていきたい。

MAツールを使いこなせるリソース、ノウハウが社内にない

リードナーチャリングを本格的に進めていきたいが、社内にリソースがなく、またMAツールを用いて成果に繋げていくためのノウハウがない。

MAツールを導入し、リサイクルリードをうまく活用したい

失注などによるリサイクルリードが大量にあるものの、うまくアプローチができておらず、MQL生成に繋げられていない。

戦略的にBtoBマーケティングを行うための体制構築から行いたい

MAツール導入にあわせてマーケティング組織の体制構築、およびインサイドセールスやセールスとの部門間連携を強化していきたい。

自社のマーケティングチームを強化したい

社内にノウハウがないため、MA運用を効果的に進めていくためのメンバーへの教育、およびインハウス化を支援してほしい。

MOLTSが提供できる
解決策

SOLUTION

MAツール導入支援

MAツール導入の目的を定義

企業がはじめてMAツールを導入したいという場合は、まずはじめになぜMAツールを導入したいのか、その目的を明確にしていきます。またリソース状況や予算感をヒアリングし、その上で企業ごとに必要な機能やMAツールでやりたいことなどから、適切なMAツールを選定、導入をご支援いたします。なお、そもそもでリード数がさほど多くない場合は、MAツールを導入する必要性がないケースもあります。MOLTSでは無理にMAツール導入をおすすめすることはありません。

MAツールの各種設定およびスコア設計

MAツール導入決定後、基幹システムなどの連携含め、MAツールの各種設定を進めていきます。またMA運用で最も大切なのは、スコアリングの定義およびその精度です。そのため、なにをもってホットリードとするかなどを決めるべく、カスタマージャーニーの作成から行い、適切なスコアリング設計を進めていきます。そして送信するメールのテンプレート作成などを行い、MA運用が行える環境構築を行います。

PDCAを回し、スコアリングの精度改善

MAツールは、見込み顧客とのワントゥーワンコミュニケーションを行い、最終的にセールスへと渡して受注に繋げていくためのツールです。そのため、インサイドセールスやセールスと連携しながら、どういったリードが受注に繋がっているのかを常に把握し、スコアリングの見直し・再定義を繰り返し、精度を高めていくことが重要です。あわせてホットリードへ送信するトリガーメールの件名や文面を改善していくなど、細かくPDCAを回していき、成果最大化を追求していきます。

MA運用の改善支援

目的の再定義、課題の把握

MAツールをすでに導入・運用しているものの、効果が感じられないという場合、そもそもでMAツールの目的を見失ってしまい、業務がただルーチン化しているといったケースがほとんどです。そこでまずはMAツールを使ってどういったことを実現したいのか、目的の再定義を行っていきます。その上で、目的を実現するためにどのような課題があるかを把握し、適切な業務フローをあらためて設計。PDCAを回していける体制をつくっていきます。

スコア見直し、ホットリードの再定義

MAツールの効果を最大化させるためには、スコアリングの改善が欠かせません。そこでまずは過去の受注データから、どういった状態のリードが受注に繋がってきたのかを分析し、ホットリードの再定義を行っていきます。また受注に至った顧客のWebサイト閲覧履歴、メールの開封率なども調査、そして受注客の役職などの情報含め、スコアリングを見直し、再度設定していきます。

コミュニケーション設計、施策実行

効果的なナーチャリングを実現するためには、適したリードに、適切なタイミングで、適切なコンテンツを届けなくてはなりません。そこで、スコア別にどのようなコミュニケーションをとっていくべきかを仮説を立て、実行していきます。その際、ルーチン化していた業務、たとえば毎週この日にメールを配信するといった業務自体の見直しも必要になるでしょう。MOLTSではそうした細かい業務1つひとつの改善もご支援し、MAツールを用いたマーケティング施策の成果最大化を図っていきます。

ご提供プランと支援実績

PLAN & CASE

MOLTSではMAツール活用支援に関して、下記のプランを用意しています。最適なプランや具体的なご支援内容・費用については、ヒアリング後に改めてご提示いたします。

コンサル・インハウス化支援

コンサル・インハウス化支援

月額

40

万円~

MAツールの導入から運用改善に至るまで、成果を出すMA運用をコンサルティングいたします。またメンバーへの教育含め、インハウス化支援も行っております。

※最低6ヶ月以上、新規導入の場合は8ヶ月〜

これまで携わってきた企業

本領域だけではなくMOLTSグループの取引実績です

実績を詳しく見る

MOLTSの
デジタルマーケティング
コンサルティングの特徴

FEATURE

特徴

実務経験の豊富なプロフェッショナルが集う

それぞれの専門分野において、豊富な実績を持つプロフェッショナルのみが集まっています。事業会社やマーケティング支援会社での施策実行経験を多数持ち、幅広い選択肢の中から、事業目標の達成に直結する、最適な施策を選択して実行します。

01

特徴

クライアントの状況に合わせてそれぞれの専門性を持ったコンサルタントが対応

MOLTSではコンサルタントが専門分野外のコンサルティングを行うことはありません。クライアントの状況に合わせ、戦略立案フェーズでは戦略立案を専門とするコンサルタントが、施策実行フェーズでは実施する施策を専門とするコンサルタントが、統合型のプロジェクトでは複数のコンサルタントがチームを組んで対応するなど、最適な形での施策実行を実現します。

02

特徴

戦略設計から施策代行まで柔軟に対応

社内体制に十分な余裕がない場合は、施策の実行までMOLTSで代行することも可能です。外部パートナーの選定から施策実行時のプロジェクトマネジメントまで、担当コンサルタントが継続して担当し、円滑に進行できる体制を構築します。社内体制が整うまでの一時的な代行など、期間限定での対応も可能です。

03

ご契約までの流れ

FLOW

お問い合わせをいただいた後、初回面談にて、貴社の企業・事業課題、現在のお取り組み状況、
体制状況などをヒアリングさせていただき、ミッションの定義を行います。

STEP

01

お問い合わせ・初回面談

お問い合わせをいただいた後、初回面談にて、貴社の企業・事業課題、現在のお取り組み状況、体制状況などをヒアリングさせていただき、ミッションの定義を行います。

お問い合わせ・ご相談はこちら

STEP

02

ご提案作成

初回面談を通じてご教示いただいた情報や、必要に応じて貴社・競合企業の分析、市場調査などを行い、ミッション定義を踏まえ、貴社の課題を解決するご提案を作成します。

STEP

03

ご提案・ディスカッション

お打ち合わせにてご提案をいたします。ご提案内容に対してのディスカッションを行い、必要に応じて再提案を行う場合もあります。

STEP

04

契約締結

ご提案内容で合意いただけた場合は契約の締結を行います。
※秘密保持契約等に関しましては、初回面談時に締結することも可能です。

STEP

05

プロジェクト進行

正式にプロジェクトが発足し、ご提案内容を基にプロジェクトを進行していきます。

よくある質問

FAQ

私たちが提供できるサービスやお取り組みに関して、
よくある質問を以下にまとめていますので、ご参考ください。

  • MAツール導入後、成果が出るまでどれくらいかかりますか?

    ホットリードの定義およびスコアリングの設計を行い、その上でコミュニケーションフローを設計し実行していくため、ゼロから受注1件が発生するまで、最低でも6ヶ月はかかるものとお考えください。また新規でMAツールを導入する場合は、ツールの各種設定等が発生するため、環境構築にさらに2ヶ月ほどかかる場合がございます。

  • どういったMAツールに対応していますか?

    HubSpot、Pardot、Marketo Engage、SATORI、Kairos3、Mautic、Sales Cloudなど、主要なもの含め、ご予算や希望の使い方に応じて、最適なものをご提案させていただきます。

  • 予算が限られているのですが、それでもご相談は可能でしょうか?

    可能です。MAツールは月数千円のものから数十万円のものまで、幅広く存在しています。MOLTSでは企業ごとに課題をヒアリングし、一社一社に合わせたMAツールおよびその活用についてご提案させていただきます。

  • MAツールを用いた施策代行もお願いできますか?

    はい、施策の実行代行も承っております。メールテキストの作成や各種設定の代行、また必要に応じてウェビナーのシナリオ作成なども対応可能です。

  • MAツールの活用についてメンバーへの教育もお願いできますか?

    はい、MAの基本的な考え方からスコアリングの考え方、またメールの書き方や各施策のPDCAの回し方に至るまでレクチャーを行い、最終的にインハウス化での運営ができるようご支援いたします。

まずは貴社の
MAツール活用の
お取り組み状況について
お聞かせください。
最適な改善策をご提示します。

MAツール活用に留まらない
MOLTSのサービス

SERVICE

MOLTSは幅広いデジタルマーケティング領域に対応するため、一人ひとり専門性の異なるプロフェッショナルが在籍しています。
特定の手段にとらわれることなく、様々な選択肢を検討し、最適な戦略・施策・体制によるデジタルマーケティングの実施により、
堅実な事業成長に貢献します。

提供サービス

様々な形でサービスを提供しています。

マーケティング支援

クライアントの課題を発見し、最適なプロフェッショナルがデジタルマーケティング支援を行います。体制やご予算などの状況に合わせて、コンサルティングから運用代行まで、事業会社・マーケティング支援会社を問わず、柔軟に対応することができます。

サービスを詳しく見る

事業開発

自社事業・アライアンス

デジタルマーケティングにおける様々な領域のプロフェッショナルが在籍している強みを活かして自社でも事業開発を行っています。自社事業においても成果を追求し、成長を通じて得た知見をマーケティング支援を行う際にも活用しています。

サービスを詳しく見る プロフェッショナルを見る

取引継続期間

平均11.9ヶ月

クライアントとの取引継続期間の平均値

1人当たりのプロジェクト件数

7

1人あたりの月間の
プロジェクト件数の平均値

企業規模

上場企業 26%
非上場大企業 25%
中小企業 26%
スタートアップ 17%
小規模事業者 6%

クライアントの企業規模を分類した割合

参画タイミング

検討・新規施策 50%
運用途中・改善 50%

立ち上げか進行中か
プロジェクトに参画時の割合

事業対象

toB 35%
toC 65%

クライアント企業が対象とする
顧客の対象割合

フロント属性

役員 43%
事業責任者 13%
マーケ責任者 41%
現場担当 3%

取引開始時のフロントになった方の属性

数字でみるMOLTSの
マーケティング支援実績

DATA

2020年12月時点でのMOLTSのマーケティング支援実績を様々な数値でまとめました。

異なる専門領域を持つ
プロフェッショナル

MEMBER

メンバーを見る
Result Driven.
  1. MOLTS
  2. MAツール活用