前職では中小企業向けのマーケティング会社に勤務し、リードジェネレーションやコンサルタント、講義講師を担い、営業フローや人事制度の構築、新規事業開発を行ってきた武田 大

2019年4月にMOLTSに入社し、現在は子会社のデジタルマーケティング事業を展開するSTAUTにて、デジタルの枠に囚われないマーケティング能力の向上を追及している。

過去には独立経験もあり、独立しようと思えば独立できる彼はなぜMOLTSにいるのか。その理由に迫る。

MOLTSは会社に勤めながら、半分独立している状態。自分自身の成長につながる環境だと思った

―― これまでのキャリア遍歴を教えて下さい。

学生の時はユニクロでアルバイトをしていて、その流れでアパレル業界に行きたいなと思い、新卒で入社した会社では、スーツの販売員をしていました。配属先の店長が、データを分析し内的・外的要因などを考えて、ロジカルに売上を伸ばしていくような方で、その方の真似をするのがすごく楽しかったんです。

しかし、仕事は面白かったのですが、ふと「やったことがないことをやりたい!」と思ってしまい、フォークリフトを運転する仕事に就いたんです。そしたら、自分が思っていた面白さはそこにはなかった(笑)

では次に何しようかと考えたとき、汎用性のあるスキルを身につけられる職に就きたいと思ったんです。ですが、もう第二新卒というカードもない状態で。転職活動も100社以上に断られる中で、1社だけようやく決まったのが、リクルートの法人営業職でした。

せっかく決まった職で、やりがいを感じながら仕事をしていたのですが、ある時ふとリクルートで働きながら「自分ひとりでやってみたい」「独立したい」という想いが少しずつ芽生えてきたんですよね。そこで、ようやく入社できた会社だったにも関わらず、リクルートを辞めて一度独立をします。

そのときは明確な戦略とかもなく、ただ漠然と「独立してみよう」と思っていただけだったので、うまくいかなくて(笑)。もう一度どこかに入社して働いて、今後また独立するのか、サラリーマンとして生きていくのかを決めようと。そう思って縁があった中小企業に入社し、そこで本格的にマーケティング業務に携わるようになりました。

その後、あらためて自分が好きなことはなんだろうかと考えたときに、それがマーケティングであったことに気づきました。そこで、より自らの成長につながる環境で働きたいという思いから、2019年4月にMOLTSに入社、現在は子会社のデジタルマーケティング事業を手がけるSTAUTにいます。

 

―― MOLTS入社の決め手はなんでしたか?

実は前職を辞めるタイミングで、また独立を考えていたんです。しかし、独立したとして自分に何ができるのかを考えたときに、まだできることはそう多くはないと思ってしまい。それであれば、将来的に独立を視野にいれてスキルアップができる会社に入ろうと思っていました。

その後、MOLTSの取締役である松尾、そして菊池に出会い、「この人たちと一緒に働きたい」と思ったんですね。また、MOLTSは独立採算制を採っており、会社に属しながらも半分独立しているような状態で仕事ができるという点にも魅力を感じました。

―― 独立したいと思う動機はなんですか?

これまでの経験の中で、“普通” の会社は自社の利益が最優先で、クライアントの利益は二の次という考え方をしているなと感じてしまうこともあって。どんなに理想的な理念を掲げていても、現場では売上・利益の追求が第一となってしまっていることも少なくない。それはクライアントに嘘をついてビジネスをしているのと一緒なのではという疑問を持ち始めてしまったんです。

そうした想いから、自分で会社をつくりたいと思ったのが独立したいと思った最大の動機ですね。

ただ、MOLTSのメンバーと出会って、クライアントの成果にコミットして仕事をしている話を聞いて、「自分がやりたくてもできなかったことを普通にやっている人たちがいる!」と驚き、すごいなと思ったんです。

特に松尾と菊池は、クライアントのニーズ、インサイトの考察に長けていて、かつ有名企業のマーケティングを担当していたりと、自分が知らない世界を知っている人たちだなと。実際に入社してみると彼らから得られるものは非常に大きく、また実際にクライアントの成果にコミットし、さらに成果を出し続けているのが本当にすごいなと感じました。

「何度も辞めようと思った」何も結果を出せず、もどかしい気持ちが続いた最初の3ヶ月

 

―― 実際にMOLTSに入社して8ヶ月が経ちますが、振り返ってみていかがですか?

本当に辛かったです(笑)。何度も辞めようと思うこともありました。独立採算制という制度である以上、自分で自分の売上や利益の組み立てをしながればならないのですが、最初の3ヶ月は仕事という仕事がなく、何も結果が出せなくて、いままでの自分を否定された気持ちで、しんどかったです。

「このままでは本当にヤバい」と思い、松尾にも相談をしたのですが、結局は自分で動かないと意味がない。そのため、まずは紹介会社とのリレーション構築を行おうと思い、紹介会社を調べて、職務経歴書を送って、いろいろな方とお会いして、というのを繰り返していました。

入社して1ヶ月目は、1日2〜3件のアポを20営業日、少なくとも60社近い会社と会ってお話をしましたが、いまでもお付き合いがあるのは1社だけです。しかし2ヶ月目に会った会社は現在でも2社、3ヶ月目は3社と少しずつリレーション構築ができていきました。

そして少しずつ成果も出始めてきて、クライアントからも信頼を得られるようになってきたように思います。

―― ターニングポイントになった出来事は何かありますか?

MOLTSでは社内売買という制度もあり、メンバーの案件を手伝うことで社内から売上をつくるという仕組みがあります。しかし、僕は独立をするんだという気持ちで入社していますから、やはり自ら成果を出さないと意味がないように思ってしまって。

またMOLTSは決まったサービスがあるわけではなく、言ってしまえば「自分」を売っているわけです。そのため、クライアントのニーズを汲み取り、自分ができることを正しく言語化し、ニーズに応えていくことが重要。それを繰り返しPDCAを回して成果が出始めたときが僕の中ではターニングポイントでした。その時に自然と「辞めよう」という気持ちもなくなりました。

本当に最初の3ヶ月はもどかしい状態が続いていて。本気でMOLTSを辞めるにしても、自分の中で「MOLTSでこれをやりました」と言えるものがないと辞めたくないじゃないですか。

ダメならダメで仕方がないという気持ちもありましたが、「ダメなりに何か成果を出したい」という思いがあったため、なんとか結果に結びつくようになってきてホッとしています(笑)。

年収を上げたいなら独立したほうがいい。それでもMOLTSにいる理由とは

―― いま現在も「独立したい」という気持ちはありますか?

「独立して理想の会社をつくりたい」という気持ちは、実はいまはもうなくて。MOLTSという会社がやっていることが、自分の求めていることだったわけです。もっと早く出会えていたらよかったなと思いますよ。

そしてMOLTSで働くということは、自分にとって良いプレッシャーにもなっていて。というのも、いま僕はメンバーの一員である以上、会社の看板に傷をつけるようなことはしてはいけない。ではその看板に傷をつけることは何かというと、クライアントの成果にコミットしない、ということなんですね。

また、「クライアントの成果にコミットする」ということを最優先に考える、頼れるメンバーがいることもMOLTSの素晴らしいところ。ときに自分だけではできないこともありますが、そんなときでも他のメンバーに相談したり、依頼したりして、クライアントの成果にコミットする体制があるんですよ。

ここまで本気でクライアントのことを考えたビジネスをやっている会社って、他にないのでは? と日々感じています。

―― MOLTSの理念でもある「美味い、酒を飲む。」というのをこの8ヶ月で経験したことはありますか?

いま担当させていただいている案件が単月更新の案件なのですが、担当者の方から「2020年いっぱいまで武田さんには頑張ってもらうんで」と言っていただけたときは美味い酒が飲めたなと感じました。

一方で「もっと美味い酒ってあるな」とも思っていて。また自分が美味い酒を飲むよりも、クライアントに美味い酒を飲んでもらうことが本質だなと思うので、クライアントの会社に所属する全員が「酒がうまい!」と思ってもらえるような成果を出せるようになりたいです。

―― 最後に、改めてMOLTSにいる理由を教えて下さい。

いまの僕であれば、たぶん独立しようと思ったらできると思うんです。年収をあげようと思ったら、独立したほうが早いですから。それでも僕がMOLTSにいるのは、自分ひとりでは成し遂げられないことを、協力することで達成できるメンバーがいるから

僕がやり続けたいのは、クライアントの成果にコミットすること。そのため、僕ができないことをできる人たちが集まっていることでコミットできる幅が一気に広がるというのが、僕がMOLTSにいる最大の理由です。

 

MOLTSグループでは、現在以下のような職種を募集しています。

デジタルマーケコンサルタント

SFAコンサルタント

詳細については、MOLTSリクルートページをご覧ください。また、MOLTSグループの価値観や制度については、MOLTSカルチャーページにまとめております。併せて、ご覧ください。