過去データを分析し、次にとるべきアクションを明確にします

ダイレクトマーケティングにおいては基本的に行った施策はすべてデータ化し、可視化することが可能です。一方で、目の前の施策に追われ、過去の施策をしっかりと分析できない企業も多く見受けられます。

しかしダイレクトマーケティングというものはユーザーコミュニケーションの最適化を行うことそのものであり、最適化を進める上で過去データを分析し、成功した要因は何か、失敗した要因は何かを分析し、次にどういったアクションをとるべきかを正しくジャッジすることは必要不可欠です。

さらに過去データを分析することでテクニック的に改善できる箇所が見つかるだけでなく、抜本的に戦略を変えるケースもあります。そこでMOLTSではクライアント企業のこれまで行ってきた施策等から過去データの分析を行い、クライアント企業が同じ失敗を繰り返さず、効果的なアクションを展開できるようサポートいたします。

予算からの逆算だけはナンセンス。ユーザーコミュニケーションにおいて必要なことは何かを考えるべき

お問い合わせでよく伺うことの1つに、「検索連動型広告にかけられる予算が少ないから、キーワードに網羅性がつくれない」といったご相談があります。しかし、そもそも予算から逆算してキーワード設計を行うことは、ナンセンスであるとMOLTSでは考えます。
正しいキーワード設計は、「こういったターゲットに対して、こういったコミュニケーションを実現したいから、このキーワードを狙いたい」といった思考がベストだからです。そして本質のキーワード設計を行ったのちに、予算の中で現実的にどこが狙うべきところなのかへと思考を進めていきます。

その上で、いかに狙ったユーザーコミュニケーションが正しいかどうかをジャッジするために、過去データの分析が必要になります。たとえば、脱毛系の商材であれば春夏と秋冬では狙うべきキーワードは異なります。シーズンによってどのような変化があるかを過去データから分析することで、失敗の数を減らし、成功する確度を高めることが可能になります。

また過去の失敗が、いまの失敗とは限りません。トレンドや市場認知の拡大、またターゲットユーザーの変化などにより、過去に失敗した施策がいまであれば成功するというケースもあります。成功、失敗を表面的に判断するのではなく、様々な要因と照らし合わせて過去データを分析し、次にとるべきアクションを正しくジャッジするべきなのです。

どのようにMOLTSでは過去データの分析を行うのか

ノウハウとして過去データをしっかりと蓄積されているクライアント企業であれば、そのデータを見させていただくことからスタートします。しかし、過去データの蓄積をされていないクライアント企業も多いため、その場合は広告の管理画面を見させていただき、過去の施策データを分析、必要に応じて「なぜこういった結果であったのか」ということをヒアリングさせていただきます。

また過去に行った施策データだけを見ているだけでは分析の精度が弱いケースもあるため、その場合は予算に応じて競合サービスのデータや市場データを収集し、施策の結果と照らし合わせて分析をしていきます。