現実的で妥当性のある事業計画の設計をサポートいたします

事業計画を設計する際には市場予測やトレンド調査、競合調査などをもとに組み立てていき、現実的な目標設定をすることが基本です。しかしマーケティング担当でない方が事業計画を設計する場合、現実的な計画が立てられず、形だけの事業計画になってしまうケースが見受けられます。

もし妥当性のない事業計画をもとに展開を進めた場合、計画の未達に対して何が要因で、どう改善すべきかといったロジックの組み立てが難しいでしょう。そこでMOLTSでは、根拠立てた妥当性のある事業計画の設計サポートを行い、クライアント企業の成長を支援いたします。

非現実的な事業計画は計画未達のときに根拠のない根性論で終結してしまう

たとえば「120%成長を目指す」というのを目標に掲げても、何の根拠もない非現実的な事業計画であれば、計画は未達に終わってしまう可能性が高いでしょう。そして根拠のない事業計画は何を改善すれば良いかのロジックが組み立てられず、計画未達は続いてしまう傾向があります。
そういった状況では、「次、頑張ります!」といった根性論に終結してしまい、解決する手段が分からず、さらに未達が続くことでメンバーのモチベーション低下といった悪循環が続いてしまいます。

また事業計画にはエンジニアやデザイナーといったリソース確保も含まれるため、何をどうアクションを起こせば事業が成長するのかを論理立てて組み立てることで、そのために必要なリソースは何か、ということが明確になります。根性論で終わらない根拠ある事業計画によって、適切な経営資源の配分が可能になるのです。

どうやって事業計画の設計サポートを行うのか

クライアント企業の状況によってアプローチは異なりますが、基本的には市場状況の予測や競合分析などから、適切なリソース配分の観点も含めて事業計画を設計していきます。また、目標に対して未達であった場合のリカバリー案も同時に考えていくこともあります。

過去には広告メニュー1つひとつをシミュレーションし、年間を通じてどのタイミングでどういった施策を打つべきか全メニューの計画を立てたケースもありました。綿密な計画により、何をすればどう事業を伸ばせるかといったことが予測できるため、「これだけの予算があればここまでできる」といったチャレンジも可能になります。

また営業チームとマーケティングチームが分かれている場合、営業チームと連携して事業計画の設計サポートを行うケースもあります。チーム間で事業計画を共有することで、たとえばマーケティングチームから営業チームへ「リード顧客の転換をするための改善施策を打ってほしい」といったチーム間での施策相談ができるようになり、事業成長スピードを加速させることが可能になります。