データ収集・ユーザー調査を行い、精度の高い戦略構築を実現します

ダイレクトマーケティングの戦略構築をより精度が高いものに仕上げていくために、MOLTSではデータ収集およびユーザー調査を大切にしています。特にダイレクトマーケティングにおいてはユーザーコミュニケーションの最適化こそが重要であり、そのためにもユーザーについて深く知る必要があるからです。

データ収集、ユーザー調査は、様々な観点から行っていきます。既存ユーザーがブランドに対してどういった接点を持っているのか、既存ユーザーの属性はどういった構成になっているか、さらに自社データだけでなく競合企業や市場の情報についても収集、調査を重ねていき、「市場の中で自分たちがどういった状況に置かれているのか」を把握していきます。

そうすることにより、アプローチするユーザーに対してどのような訴求をすれば効果的かがわかり、狙った態度変容を可能にしていくのです。こうしたデータ収集、ユーザー調査はダイレクトマーケティングを進めるにあたり、非常に重要な要素の1つと言えるでしょう。

効果のない広告は無駄でしかない。限られた経営資源を効果的に活用するために

インターネット広告において軽視してはならないこと、それは広告を出稿すればするだけ金銭的コストが発生するということです。至極当たり前のように思えますが、これはすなわち関係のないユーザーに対して広告を配信したところで、ただ単に「無駄になった」で終わってしまう可能性を意味します。そして、その無駄になったお金は戻ってきません。

仮に1億円の広告予算があったとしましょう。データ収集・ユーザー調査によって組み立てられた綿密な戦略をもとに施策を展開すれば、半分の5,000万円で求めている件数を獲得する、というケースも十分にありえます。しかし、曖昧な戦略では1億円を投下しても求めている件数に到達しないでしょう。

限られた経営資源を無駄なく効果的に活用するためにも、データ収集・ユーザー調査にもとづく精度の高い戦略構築が重要なのです。

いかにデータ収集・ユーザー調査を行うのか

クライアント企業にてすでにユーザー調査を行っている場合、そのデータを活用させていただき戦略構築を行います。また基本的にはクライアント企業が保有するデータを活用させていただきますが、予算および状況に応じて、ネット調査など様々な方法でデータ収集を行います。

たとえば3C分析を行う際、市場および競合企業についても情報を集める必要があります。そこで白書からデータを収集していったり、競合企業の有価証券報告書などで調べるケースもあります。

ダイレクトマーケティングの真髄である「ユーザーコミュニケーションの最適化」を実現するためにも、憶測で判断をするのではなく、データを用いて、より精度の高い戦略構築をMOLTSでは実現していきます。