クライアントごとに最適な広告メニューポートフォリオを設計します

広告と言えど、検索系、ネットワーク系、ソーシャル系と様々なメニューがあり、それぞれに対して相性がいい商材とそうでない商材があります。そこでMOLTSではクライアント企業の広告効果を最大化させるために、最適な広告メニューポートフォリオを設計します。

お問い合わせをいただくクライアント企業にヒアリングをさせていただくと、各広告メニューの個別最適に労力をかけてしまい、全体最適が蔑ろになっているケースが多く見受けられます。
メニュー単体での最適化がすでにやり尽くしている場合、また効果がそこまで期待できない場合は、他の広告メニューへ予算をアロケーションすることも重要です。

そこでMOLTSでは、クライアント企業の過去の広告実績データから最適な広告予算配分を行い、メニュー単体では判断しづらい広告効果を最大化させる支援をさせていただきます。

広告メニュー単体では広告効果の良し悪しを一概に判断できない

本来、広告メニューごとに目的・指標は異なるはずです。売上がKPIの場合もあれば、新規率がKPIの場合もあるでしょう。しかし目的を正しく理解せず、すべての広告メニューを同じKPIで比較してしまっては、本当は別のKPIで見ると良い結果であっても「結果が悪いから、この広告メニューはストップしよう」といった判断をしてしまいがちです。

また、新しい広告メニューをとりあえず試してみるというのは素晴らしいことではありますが、管理工数がかかってしまい、分析・改善ができていないケースもよく見受けられます。
その結果、無駄な広告メニューが継続されてしまい、本来であれば半分の広告予算で目標数値を達成できたにもかかわらず、無駄な広告費が出ていってしまう事態にも。一度出ていった広告費は戻ってこないからこそ、広告メニューの最適化は非常に重要なのです。

そこであらためて広告メニューポートフォリオを見直し、最適な広告予算配分を行うことが求められます。さらに必要に応じてメニューを減らし、選択と集中を行うことも大切でしょう。

どのように広告ポートフォリオの設計を行うのか

MOLTSが最適な広告メニューポートフォリオの設計を行う上でまず行うのは、クライアント企業がすでに実施している広告メニュー別のレポートを集計し、データの可視化をすることです。またGoogle Analyticsで管理できるよう、パラメータを正しく設定するところから取り組むケースもあります。
そして、クライアント企業の事業計画や目的、課題などから、最適な広告メニューポートフォリオを設計していきます。

なお、すでに実施している広告メニューに対してのアロケーションだけでなく、必要に応じて新しく取り組める広告メニューのご提案や、ツール導入のためのパートナー企業をご紹介するケースもあります。

そして広告メニューポートフォリオ全体の見直しを、基本的には月1回、半期に1回といった頻度で行っていき、精度を高めていきます。広告予算が大きいクライアント企業であれば、週次で見直しを行うこともあります。