ユーザーコミュニケーションを最適化するためのキーワード設定配信ターゲット設計を行います

ダイレクトマーケティングの本質は、ユーザーコミュニケーションの最適化です。そのためMOLTSでは、「クライアント企業の商品を、誰にどうやって伝えるのか」を考え、キーワード設定、配信ターゲット設計を行います。

キーワード設定、配信ターゲット設計で特に重要なのは、ユーザーのモチベーションとシチュエーションを考えることです。極端な例を挙げれば、「旅行をしたい」というニーズを持ったユーザーが「通販」というキーワードを検索するとは考えられません。「温泉 旅館」といった旅行に関するキーワードを検索するでしょう。

特に検索キーワードに関しては、そのままユーザーのモチベーションを表すものです。ただアクセスを集めるだけでなく、その検索キーワードから流入したユーザーはどういったモチベーションで、どういった広告クリエイティブを見せれば意思決定を行うのかを考えなくてはいけません。

そこでMOLTSでは、ユーザーのモチベーション、シチュエーションを考え、最適なユーザーコミュニケーションを行うためのキーワード設定、配信ターゲット設計を支援いたします。

適切なコミュニケーション設計ができていないと機会損失を生んでしまう

なぜユーザーのモチベーションやシチュエーションを考える必要があるのでしょうか。それは、適切なコミュニケーション設計こそがユーザーの行動を促進するからです。逆に言えば適切なユーザーコミュニケーション設計ができていないと、ただ機会損失を生んでしまうだけに終わってしまいます。

たとえば価格が安い商品を求めるユーザーに対して、「えっ、この価格で買えるの?」と提示するのは適切なコミュニケーション設計と言えます。しかし、「この色が欲しい」というモチベーションのユーザーに対して価格訴求のクリエイティブを見せるのは、適切なコミュニケーションとは言えないでしょう。この場合は、「カラーバリエーションが豊富!」といったモチベーションに合わせた訴求が重要なのです。

昨今は広告運用の自動化ツールがあり、キーワード抽出まで行ってくれるものも存在します。しかし、たとえ精度が上がってきているとはいえ、無駄は発生しうるのが実状です。そのため、本来は自分たちでキーワード設定、配信ターゲット設計を行い、補完的に自動化ツールを使うべきだとMOLTSでは考えます。

どのようにキーワード設定配信ターゲット設計を行うのか

検索連動型広告では、キーワードに対してどのページを表示させるかを考える上で、特にキーワードのグルーピングが重要になります。なぜなら主軸となるメインのキーワード、仮に旅行であれば「温泉」というメインのキーワードに対して、「予約」「格安」「比較」などの掛け合わせにより検索意図、すなわちユーザーニーズが異なり、表示させるべきページが異なるからです。
そこでMOLTSではユーザーのモチベーション、シチュエーションを考え、キーワードのグルーピングシートを作成していきます。

また表示させるページが一緒であればキーワードごとに管理するのではなく、同じくグルーピングを行っていきます。そうすることでデータの分析がしやすくなるだけでなく、自動化をさせることによって広告システムとしての効果を高めることが可能になります。