成果向上を狙うためのトライアル設計を行います

本質的にダイレクトマーケティングの施策というのは、ユーザーコミュニケーションの最適化であるとMOLTSは考えています。そのため、「ユーザーに刺さる訴求はなんだろうか」「より成果を向上させる訴求はなんだろうか」という視点を持って常に最適な訴求であるかどうかトライアルし続けることが重要です。

しかしダイレクトマーケティングの施策は多岐に渡るため、すべてにおいてトライアルを展開するリソースは不可能と言えるでしょう。
そこでMOLTSでは「成果が悪化している」「成果ボリュームが大きい」「競合が注力している」という3つのポイントからトライアル対象を選定し、精度の高いトライアルを行うための設計を支援いたします。

根拠のないトライアルは機会損失を生むことも

ご相談いただくクライアント企業からヒアリングさせていただくと、トライアルが重要であると分かっていても、適切なトライアル設計ができていないというケースが多く見受けられます。適切なトライアル設計がないまま根拠のないトライアルを繰り返してしまうと、結果的にCVRが下がってしまい、機会損失を生んでしまうという状況に陥ってしまいます。

また一度結果が良かった訴求だからといって、必ずしも成果を生み出し続ける訴求とは限りません。そこで成功、失敗要因を明確化させる、適切なトライアル設計が求められます。
さらに要因が明確化することでノウハウを蓄積することができ、次のトライアルに活かすことができるだけでなく、同一モチベーションのカテゴリや類似したモチベーションの他カテゴリへの展開も可能になります。

上述の通り、トライアルの対象とすべきは「成果が悪化している」「成果ボリュームが大きい」「競合が注力している」訴求であり、これら3つは全体に与えるインパクトが大きく、トライアル設計を疎かにしてしまうと経営的にマイナスな影響を及ぼしてしまう可能性があります。適切なトライアルにより、迅速かつ継続的な成果改善が重要なのです。

どのようにトライアル設計を行うのか

MOLTSでは、トライアルには2つの軸があると考えています。

1つは、「定期的メンテナンス」としてのトライアルです。長期間同じ訴求でユーザーにアプローチすることによって成果が下がらないよう、ユーザーを飽きさせない最適な訴求を展開すべきです。そこでカテゴリごとにスケジューリングを行い、定期的にトライアルを実施していきます。
2つめは「成果改善」としてのトライアルです。成果が悪化している訴求をそのままにしておくことは機会損失でしかないため、成果の変動を常に監視し、変動カテゴリに対して迅速な施策実施を行うことで安定した成果向上を狙います。

そしてこれら2つの軸をもとに、適切にトライアルの成果を比較して要因を明確化するための設計を行い、全カテゴリから優先度・重要度を考慮して最適化していくためのトライアルを支援いたします。