目的やリソースに応じて、目的を達成するために最適な編集部構築を行います

オウンドメディアマーケティングでは日々の運用を効果的に行っていくためにも、編集部構築は非常に重要なポイントになります。クライアント企業の達成したい目的やオウンドメディアの方向性にも左右されますが、が運用する場合はそのジャンルにおけるキーパーソンや適切なライターをアサインし、編集部を構築していきます。

またクライアントが自社で編集部構築を行う場合は、その編集部メンバーのリテラシーに合わせた編集部構築をサポートいたします。なぜなら、最初からオウンドメディアマーケティングが得意なメンバーが集っていることは極めて少ないからです。

つまり、アサインされた編集部メンバーのスキルセットを把握し、その上で「3カ月で優秀なライターを目指す」といった体制を構築するのではなく、オウンドメディアマーケティングを行う目的から逆算し、最短ルートで目的達成を行うための教育カリキュラムを用意することもあります。

ビジネスである以上、結果を出す編集部構築が求められる

MOLTSがこれまでオウンドメディアマーケティングを支援させていただいたクライアント企業の編集部は、もともと本人たちに「ライターをやりたい」「編集がやりたい」といったモチベーションが必ずしもあるとは限らないケースも多くありました。経営判断によるポジションチェンジで編集部メンバーにアサインされるというケースは、オウンドメディアマーケティングを始める企業では多くあることだと思われます。

そういったメンバーでいかにオウンドメディアを成長させていくか、コンテンツ制作を進めていくかをMOLTSは編集部構築において重要視しています。

なぜなら多くの企業においてオウンドメディアマーケティングは、投資部門として展開する場合が多く、ある程度の期間で結果を出すことを求められるからです。そこで適切な編集部構築のもと、コンテンツをつくり、トライアンドエラーを繰り返し、メンバーが成長することで、結果を出すためのアプローチを進められる編集部ができあがるのです。

目的を達成するコンテンツは誰にでもつくれるものではない

オウンドメディアマーケティングの目的は、ビジネス課題を解決することです。そして目的を達成するためのコンテンツは、誰にでも制作できるものかと言うとそうではありません。

オウンドメディアマーケティングでなかなか結果がでないという企業の多くは、「日本語であれば誰でも出来るだろう」という発想で、編集部を構築しがちであると感じています。しかし目的を達成するコンテンツづくりというものは、 “プログラミングができる” “Webデザインができる” などと同じような「技術」であります。

そのため編集部メンバーとしてアサインされた各々にスキルがない場合、スキルに合わせた編集部構築が必要です。たとえば編集部として検索上位を狙うコンテンツ制作を進める場合、どういった記事を参考にすればいいのか、ユーザーニーズに対してどういったコンテンツを配信すればいいのか、情報としてまとめます。

そういった情報がコンテンツをつくっていく上での一つの道標となり、また新しいメンバーがアサインされたときでもキャッチアップできる体制を築くことが可能になるのです。

MOLTSではどのように編集部構築を行うのか

クライアント企業の予算、またフェーズによっても大きく異なりますが、基本的には役割が明確になるような編集部構築を行っていきます。たとえばコンテンツ制作といっても、SEOコンテンツとソーシャルコンテンツでは制作に必要なナレッジがまったく異なります。

また、ある程度成長しているオウンドメディアの場合であれば、リード獲得につながっているコンテンツのメンテナンス、オウンドメディア全体を見直した遷移の改善、新規コンテンツの作成と業務範囲が幅広くなります。

そのため、編集部構築は「誰が何をやるか」を明確にすることだとが基本的な考え方として大切でしょう。そうすることで、責任範囲が明確になり、限られたリソースで最大限の結果を出すことにつながるのだと考えています。

また、目的を達成するためには、必要に応じてそれぞれの領域のプロフェッショナルを巻き込むべきだと考えているため、外部パートナーをアサインするケースもあります。