オウンドメディアの可能性を広げるマネタイズ構築を支援

オウンドメディアマーケティングは、企業が抱えるビジネス課題解決の手段です。そのためオウンドメディアのマネタイズは、本質的にはオウンドメディアマーケティングの目的ではないとMOLTSでは考えています。

しかし、オウンドメディアのユーザー数が増え、PV数が増えていったタイミングでは、オウンドメディアだけで広告収益などのマネタイズは可能です。オウンドメディア運営にはコストがかかりますから、マネタイズを行い収益を確保することにより運営をより加速させることもできるでしょう。

そこでMOLTSでは、オウンドメディアの状況から適切なマネタイズ構築を支援しています。

メディアとして成長していないフェーズでは、マネタイズをすべきではない

ビジネスとしてオウンドメディアを運営する以上、キャッシュに関する課題がどこかのタイミングで出てくることがあります。特にベンチャー企業であれば、なおさらです。そこでオウンドメディア単体でのマネタイズ展開は、経営判断としては合理的でしょう。

オウンドメディアでマネタイズができれば、編集部メンバーの増員や新しく採用することも展開として可能です。体制を強化してコンテンツを増やし、広告を活用したアクセス獲得施策を実施できるなど、さらにオウンドメディアマーケティングを加速させられます。

しかし、 “メディア” として成長していないのにマネタイズをすべきでない——とMOLTSは考えています。例えば、アドセンスしか貼り付けていない10万PVしかないオウンドメディアであれば、月に数千円〜数万円程度しか売上をつくれないでしょう。

それにもかかわらずマネタイズを優先してしまうと、オウンドメディアとしての方向性がズレてしまい、本来達成したい目的を達成させることが難しくなります。オウンドメディアマーケティングもマネタイズも成功しない結末にもなりかねません。

マネタイズをしてもいいフェーズをしっかりと見極めることが、何よりも重要です。

コンテンツの拡充、有料ツール導入など、オウンドメディアとしてできることが増える

オウンドメディアにある程度のPV数が集まっていれば、まずアドセンスやアフィリエイトなどのマネタイズが行えます。ユーザー数が集まっていれば推奨はしていませんが、ユーザーデータを活用したサービスを新たに立ち上げてマネタイズすることも可能でしょうし、ユーザーデータが集まっていればまた別のマーケティングビジネスを展開することも可能です。

例えば、オウンドメディアマーケティングとしての成長曲線を描けていて、ある程度マネタイズが可能なオウンドメディアがあったとします。アドセンス広告によるマネタイズをスタートして月間60万円の売上をつくれれば、取材型コンテンツの拡充やインフルエンサーを起用したコンテンツ制作など、その60万円を使った新しい取り組みができるでしょう。有料ツールの導入や、集客のための広告配信なども可能になります。

企業貢献のためのオウンドメディアである以上、本質的なオウンドメディアとしての価値を満たしていれば、マネタイズ自体は悪いことではありません。むしろ投資対象ではなく、自立したオウンドメディアとして、健全な運用体制が整うのです。

MOLTS流のマネタイズ構築支援

“メディア” としてスタンダードなマネタイズの方法としては、SSP、アドセンス、アフィリエイト、純広告、バナー広告、スポンサード記事などの広告収益です。広告でのマネタイズを行う場合、サイトデザインの改修、適切な広告への導線設計などをMOLTSではサポートしています。

広告収益以外にも事業領域を広げていこうということであれば、集まっているユーザー属性などをもとに、「新しくこういったサービスがつくれるよね」といったディレクションも可能です。

扱う商材やオウンドメディアのPV数などによっても展開は異なるため、MOLTSとしてはできることから始めましょうというお話をさせていただくことが多いです。またマネタイズにおいても運用・改善が必要なため、パートナーとしてMOLTSが支援させていただく場合もあります。