アナリティクス最適化とレポート
変化を発見し、迅速に対応するために

ユーザー行動を見える化するために、アナリティクス最適化とレポート設計を支援いたします

ダイレクトマーケティングの本質は、ユーザーコミュニケーションの最適化であるとMOLTSは考えています。そのためユーザーがどう流入して、どう遷移していくかを分析することは、ユーザーコミュニケーションを最適化させるためには非常に重要です。

しかし「Google Analyticsなどの解析ツールは導入しているけれども、結局あまり見ていない」という企業も多いのではないでしょうか。また、そもそもアナリティクス担当が不在というケースも多く、自社サイトへの流入ばかりに注力し、それ以降のユーザー行動を追えていない場合も見受けられます。

そこでMOLTSではアナリティクスの設定から、都度分析せずともユーザー行動を見える化するためのレポート設計までをサポートし、クライアント企業が限られたリソースの中で最大限のアクションを取れるよう支援いたします。

サイト流入の前工程でできる施策は限られている

「広告をやっているが、流入数は変わっていないのに売れなくなってきた」
「広告順位は変わっていないし、インプレッションも変わっていないのにCVが良くない」

一度はこういった経験をされたことがあるのではないでしょうか。もしこのような状況が起きた場合、問題は広告ではなく、流入した後のサイト側の問題かもしれません。
また認知目的の広告がCV獲得にどう影響しているのかといった、アトリビューションの観点を持つことは非常に重要です。しかしサイトに入ってからのデータが可視化されていなければ、間接CVを計測することができず、どの広告が効率が良いか悪いかの判断を誤ってしまう場合もあります。

サイト流入の前工程でできることは限られているため、流入以降のユーザー行動をデータとして蓄積し、分析できる環境づくりが大切です。さらにデータをレポートとして見える化させることで、社内の共通認識を持つことができるでしょう。現場での課題感を上に報告する際に、レポートがあることで最適な経営判断を下すことが可能になるのです。

どのようにアナリティクス最適化とレポート設計を行うのか

まず行うのは、正しくユーザー行動データを蓄積するために解析ツールの設定を行います。Google Analyticsを使用する場合は、広告側でのパラメータ設定やGoogle Analytics側でのレポート設計など、相互での設計が必要になってきます。

またクライアント企業からヒアリングさせていただき、企業の課題に応じて最適なデータをGoogle Analyticsで見えるように設定します。たとえばラストクリックのCPAだけを見ているケースが多くありますが、ブランド認知が弱い企業であれば初期接触ポイントのデータを見える化させる、といった具合です。

そして変化に対して即時に対応できるよう、最適なレポート設計を行います。わざわざ分析しなければ問題発見ができないという状況を少しでもなくし、変化に対してキャッチアップができる状況をつくっていきます。

その他のサービス

Contact

お問い合わせ

下記フォームに必要事項をご入力の上、
Send ボタンをクリックしてください。

※全て必須項目です

個人情報の取扱いについて

お客さまの個人情報はお問い合わせに対する返信の目的でのみ利用し、当社にて適切に管理します。 法令などにより開示を求められた場合を除き、お客さまの同意無しに第三 者に開示・提供することはありません。

Thanks!

お問い合わせありがとうございます。
ご記入いただいたメールアドレス宛に、自動返信メールが送信されます。

また、万一返答がない場合につきましては、大変恐れ入りますが [email protected] までご連絡をいただけましたら幸いです。

弊社では、オウンドメディア関連の勉強会「Owned Media Meeting」を毎月1-2回開催しております。ご興味のある方はぜひチェックしてみて下さい!