LP制作
ユーザーニーズにしっかりと応えるために

ユーザーコミュニケーションを考えたLP制作を行います

検索連動型広告の場合、検索キーワードがユーザーのモチベーションを表してくれます。例えば検索キーワードがただ「コート」だけなのか、「ダウンコート 種類」で検索しているのか、もしくは「コート 5万円以内」で検索しているのかで、それぞれユーザーニーズが異なってくるのです。

そのため検索連動型広告に対応するLP制作においては、設計の段階でユーザーニーズを分類し、ユーザーニーズからユーザーの意思決定要素を見つけ出し、適切な訴求を行うことが重要です。
そして商品のことだけを考えた1視点のLPではなく、どのユーザーがどういった経路で入ってくるのかまでを考え、最適なユーザーコミュニケーションを実現するLPを制作することが成果を上げるためには必要不可欠です。

MOLTSではコンバージョンに至るまでのユーザー動線を描き、様々な調査を重ねてユーザーニーズや意思決定要素を見つけ出し、最適なLP制作を支援いたします。

ユーザーニーズに応えないLPは「無駄」そのものである

ユーザーニーズによってLP制作のアプローチはどう変わるのか、エステサービスを例に考えてみましょう。競合他社と比較したときに価格の違いやサービスの違いがあるかと思いますが、まず考えるべきはユーザーのモチベーションとシチュエーションです。

「エステをしたい」というユーザーを分類すると、「安心感」を求めるユーザーもいれば、「清潔感」や「安さ」「予約の取りやすさ」を求めるユーザーなど様々なはずです。仮に「価格 安い」という検索キーワードにボリュームがある場合、その検索キーワードで流入するユーザーの意思決定要素は「価格」であることが想定できます。

しかし自社サービスが競合他社と比べて価格優位性がない場合、価格の納得感をユーザーに感じてもらえるようLPでは「お得感を見せる」であったり、逆に競合他社と差別化するために「ラグジュアリー感を見せる」など、ユーザーの態度変容を起こすクリエイティブにすべきでしょう。

もしユーザーニーズに反した、自社の伝えたいことだけを伝えるLPにしてしまった場合、「自分が求めている情報がここにはない」と判断されて離脱されてしまう可能性があります。使った広告費は戻ってきません。広告で集客をするという観点で言えば、ユーザーニーズに応えていないLPは何も生み出さない無駄そのものになってしまうのです。

どのようにLP制作を行うのか

広告の種類や予算に応じて異なりますが、基本的にはターゲット、ペルソナ、キーワード設計そして競合調査などから分析した情報をもとに、どういうユーザーにどうコミュニケーションをするかを考えていきます。

そしてユーザーニーズから意思決定要素を見つけ出し、最適な訴求は何かを考えてLP制作を行っていきます。ユーザーニーズや意思決定要素は、ソーシャル上の情報やQ&Aサイトなどからユーザーの生の声を拾って調査をするケースもあります。

また前提として「このサービスはどんなサービスなのか」といった印象に残るメッセージをLPには盛り込むべきだると考えています。そこでクライアント企業のUSP(Unique Selling Proposition)を明確化させ、成果を最大化させるためのLP制作に取り組んでいます。

その他のサービス

Contact

お問い合わせ

下記フォームに必要事項をご入力の上、
Send ボタンをクリックしてください。

※全て必須項目です

個人情報の取扱いについて

お客さまの個人情報はお問い合わせに対する返信の目的でのみ利用し、当社にて適切に管理します。 法令などにより開示を求められた場合を除き、お客さまの同意無しに第三 者に開示・提供することはありません。

Thanks!

お問い合わせありがとうございます。
ご記入いただいたメールアドレス宛に、自動返信メールが送信されます。

また、万一返答がない場合につきましては、大変恐れ入りますが [email protected] までご連絡をいただけましたら幸いです。

弊社では、オウンドメディア関連の勉強会「Owned Media Meeting」を毎月1-2回開催しております。ご興味のある方はぜひチェックしてみて下さい!