戦略構築
無駄を最小限にし、成果を最大化させるために

限られた経営資源の中で最大限の成果をあげる「ダイレクトマーケティング」を実現します

ダイレクトマーケティングにおける施策とは、単に「広告」のことを意味するのではありません。MOLTSでは、企業とユーザーの対話、すなわちユーザーコミュニケーションを最適化することがダイレクトマーケティングの施策だと考えています。

たとえば、実生活でみなさんが友だちのAさんとBさん別々に同じ話をする場合、まったく同じ伝え方はしないはずです。「Aさんにはこう話そう」「Bさんにはこう話そう」とそれぞれ自分の話の理解を深めてもらうための伝え方を心がけるでしょう。ダイレクトマーケティングで行うのは、まさにこうしたユーザー別のコミュニケーションの最適化なのです。

しかし目的が明確でなければ、どういったコミュニケーション、すなわちどういった施策が最適なのかを判断することはできません。そこでダイレクトマーケティングの戦略構築でまず取り組むべきは、「目的の明確化」です。
限られた経営資源を無駄にせず、最大限の成果をあげるためにも、MOLTSでは明確化された目的をもとに戦略構築を行い、ダイレクトマーケティングを推し進めます。

一度出ていった広告費は返ってこない。目的がなければ無駄が多く発生してしまう

仮に新規顧客の獲得を狙うのであれば、「新規顧客の獲得」といった曖昧な目標を掲げるのではなく、過去に行った施策のデータなどを活用しながら、どういった新規顧客を獲得すべきかといったターゲット設定が求められます。

しかし目的が明確でない場合、ターゲットの設定はできません。例えば、これまで20代女性が顧客であるから20代女性向けに広告を配信しようと判断しても、すでにアプローチ済みのユーザー層であれば広告効果は薄れてしまいます。
そこで「顧客開拓をしたい」という目的を持つことにより、これまでアプローチしていなかった30代女性に広告を配信するという選択肢が生まれることもあるでしょう。

一度出ていった広告費は返ってきません。目的を明確化することで、効果的な広告配信が可能になるなど適切な施策を打つことができ、無駄をなくすことができるのです。

MOLTSでは、どのようにダイレクトマーケティングの戦略構築を行うのか

まずクライアント企業へ確認させていただくのは、明確なゴール設計がされているかどうかです。すでに明確なものがあれば、それをベースに細かい戦略構築を行っていきます。
もしゴール設計自体がない場合、ヒアリングを重ね、STP分析等のマーケティング分析からどういったことが現実的に可能であるかをディスカッションし、ゴール設計を行います。

そして細かい戦略構築を行っていく上で大切なのは、できるかぎりのデータを集め、無駄のない施策は何かを検討することです。例えばEC企業で新規顧客の獲得をゴールとした場合、現在までにどういったユーザー層の獲得が行えているのか、市場の余地としてどの程度拡大可能なのか、それ以外のユーザー層を獲得することは可能か、といったことをデータをもとに判断していきます。
上述の通り、明確な目的とデータをもとに、開拓すべきはこれまでアプローチしていなかったユーザー属性だ、という判断ができるからです。

また、こうしたデータからアプローチするユーザー層に対してどういったコミュニケーションを取るべきかが見えてきます。闇雲に施策を実行するのではなく、適切な戦略構築が、効果的なダイレクトマーケティングを可能にするのです。

その他のサービス

Contact

お問い合わせ

下記フォームに必要事項をご入力の上、
Send ボタンをクリックしてください。

※全て必須項目です

個人情報の取扱いについて

お客さまの個人情報はお問い合わせに対する返信の目的でのみ利用し、当社にて適切に管理します。 法令などにより開示を求められた場合を除き、お客さまの同意無しに第三 者に開示・提供することはありません。

Thanks!

お問い合わせありがとうございます。
ご記入いただいたメールアドレス宛に、自動返信メールが送信されます。

また、万一返答がない場合につきましては、大変恐れ入りますが [email protected] までご連絡をいただけましたら幸いです。

弊社では、オウンドメディア関連の勉強会「Owned Media Meeting」を毎月1-2回開催しております。ご興味のある方はぜひチェックしてみて下さい!