約2カ月半でオウンドメディアを自社のみで運用できるように支援|住まい系オウンドメディア

概要

クライアント名 株式会社メタ・マニエラ
オウンドメディア名 おウチの収納.com(現『HOUSTO』)
プロジェクトの目的 『おウチの収納.com』を自社のみで運用できるようになる
本プロジェクトで得られた成果 ・オウンドメディアを自社のみで運用するための土台を構築
・コンテンツSEOをはじめとするコンテンツの戦略/戦術の設計支援
取り組み内容 オウンドメディアの運用に関する講習会の実施(宿題あり)
実施期間 2018年8月~10月中旬
担当したメンバー

取り組みの背景

エディトリアル(企画・編集)、ブランディング・プロモーション、グラフィックデザインなどを手掛ける、メタ・マニエラ社。

主に紙媒体の案件が多いデザイン会社ですが、ある企業の依頼により、オウンドメディア『おウチの収納.com』(現『HOUSTO』)の運用に携わることになりました。

しかし、オウンドメディアとその運用に精通しているメンバーが少なかったこともあり、担当編集者である栗谷川氏は、「今後のことを踏まえると、メンバー全員がオウンドメディアの知識を体系的に学ぶ必要がある」と感じていたそうです。

同時に、「『おウチの収納.com』をグロースさせるために、これまで一切取り組んでこなかったコンテンツSEOの知識を習得したい」思いも抱いていました。

具体的に行った施策

約2カ月半の期間で、『おウチの収納.com』の運用に携わるメンバー全員を対象にした講習会(全5回)を実施しました。

第1回は、「オウンドメディア論」。メタ・マニエラ社の代表取締役の大賀氏も参加したこの講習会では、実例も交えながら、「『オウンドメディア』と『商業メディア』の違い」「KPI/KGIの設計方法」「オウンドメディアの運用方法」といったオウンドメディアの“いろは”を、体系的にお伝えしました。

第2~5回は、「コンテンツSEOの基礎知識から実践方法」「『オウンドメディア』と『商業メディア』における編集」など、実践的なノウハウを共有。

「コンテンツSEO~」では、キーワードの選定方法やキーワードツリーの設計方法、記事の構成案のつくり方といったコンテンツSEOを実施する一連の流れを解説し、既存記事や検索クエリも参考にしながら、参加メンバーの皆さんたちと、ときに日が暮れるまで、対話を重ねました。

紙媒体にはない“数字”の各種データや、カスタマージャーニーとユーザーの態度変容に基づく編集方法に触れた「『オウンドメディア』と~」の回では、紙媒体の編集とWebの編集の対比ができたと感じています。

特筆すべき点は、“明日から活用できる実践的なノウハウ”を伝授するために、講習会の各回でオウンドメディアの運用に関連する宿題を用意したことです。

「メタ・マニエラ社が次回までに宿題をこなす→KRAFTがフィードバックする」。このインプット⇔アウトプットを繰り返すサイクルを設けたことで、よくありがちな「インプットだけ」(講習会を受講して終わり)ではなく、自分たちの課題を自分たちで抽出して改善するPDCAの仕組みが構築できました。

得られた成果

オウンドメディアとその運用の基礎を理解いただき、KPI/KGIの設計やコンテンツSEOを含めたコンテンツの戦略/戦術の設計などが自社で担えるようになった結果、メディアとしてのポテンシャルが倍以上になりました。

栗谷川氏の“メディア愛”と“コンテンツ愛”もあり、『HOUSTO』と名前を変えた『おウチの収納.com』は、今なお順調にグロースし続けています。

このプロジェクトを担当したメンバー

寺倉 そめひこ
Media Consultant / Business Producer
寺倉 そめひこ
得意分野
オウンドメディア マーケティング
コンテンツマーケィング
コンテンツSEO
事業開発

Related Works