Googleアナリティクス4(GA4)とは|変更点や設定方法を解説

西 正広

Marketing Strategist / Data Analyst

記事をシェア

Googleアナリティクス4(GA4)とは|変更点や設定方法を解説

「Google アナリティクス4 プロパティ(GA4)」とは、2020年10月にリリースされたGoogle アナリティクスの最新バージョンです。

本記事では、大型アップデートに伴う旧Google アナリティクスからの変更点や、実際の設定方法、活用方法について紹介します。

※本記事では、従来のGoogle アナリティクスを「ユニバーサルアナリティクス」と表記します。

▼アクセス解析・導入の実績、サービス内容の詳細
現在、以下のようなことでお困りではありませんか?

  • Google アナリティクス等の解析ツールを導入したい
  • Webサイトの成果を正しく評価したい
  • 自分たちでアクセス解析やユーザー分析をしたい
弊社では、アクセス解析含むデータ戦略領域において経験豊富なプロフェッショナルメンバーが、最適な支援を実施します。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。
サービス内容の詳細を見てみる

Google アナリティクス4 プロパティ(GA4)とは?

「Google アナリティクス4 プロパティ(以下、GA4)」とは、2020年10月にリリースされた最新版のGoogle アナリティクスです。この新バージョンのアナリティクスは、2019年に導入された「アプリ+ウェブ プロパティ(ベータ版)」が改良されたものとなっています。

今後は、GA4がデフォルトのプロパティになることが正式にアナウンスされており、アクセス解析の担当者は、徐々に使用感に慣れていく必要があるでしょう。

Google アナリティクス4 プロパティが開発された背景

今回GA4がリリースされた背景には、急速に変化するユーザーの行動に、ユニバーサルアナリティクスの基盤では対応しきれなくなったことが挙げられます。

もともとGoogle アナリティクスは、2005年にGoogle社が買収した米国のWeb解析ソリューションベンダー「Urchin Software」の技術を利用・拡張して作られたものです。

しかし、Google アナリティクスが開発された当初と現在では、ユーザーとインターネットの関係は大きく変化しました。

かつては一家に一台のパソコンを家族で共有してインターネットを利用していたものが、一人一台スマートフォンを持つようになり、また、ここ数年でスマートウォッチやスマートスピーカーをはじめとする「IoTデバイス」の普及も急速に進んでいます。

このような変化から、ブラウザから付与されるCookie情報だけではユーザーの行動を正確に把握しきれなくなり、デバイスやブラウザを超えてユーザーを判別する仕組み、つまり今回の大型アップデートが必要になったと考えられます。

▼関連記事
ユーザー行動把握の一要素で合ったサードパーティcookieは、ログインシステムや広告計測に非常に役立つ反面、ユーザーのプライバシーを脅かす恐れがあることから、Appleを筆頭に規制が強められています。詳しくは別記事「サードパーティcookieとは? Apple・Googleの規制による影響を解説」をご覧ください。

Google アナリティクス4 プロパティで根本的に変わった4つの概念

GA4では、名称や機能でもさまざまな変更点があります。例えばプロパティIDという名称が「計測ID」に変更され、PV数が「表示回数」と呼ばれるようになりました。

しかし、今回の改変は企業のデータ戦略にも関わる根本的な部分で起きています。

本章では、具体的な名称や機能ではなく、ユニバーサルアナリティクスから抜本的に変わったGA4の考え方について解説します。

1.機械学習の導入

ユニバーサルアナリティクスでは、実際のユーザー行動を元にした過去データの分析ができました。一方でGA4では、機械学習を導入し、過去データから将来の予測がGoogle アナリティクス上で行えるようになっています。

具体的に使用できる予測機能は、以下の2種類です。

  1. 購入の可能性
  2. 離脱の可能性

購入の可能性とは、アプリまたはサイトを訪問したユーザーが、今後7日以内に商品購入に至る可能性を予測する指標です。

また離脱の可能性とは、最近アクティビティのあったユーザーが、アプリまたはサイトを今後7日以内に利用しなくなる可能性を予測する指標です。

予測機能画面(出典: New predictive capabilities in Google Analytics

これらの予測機能により、今後1週間の売上を推定することや、購入に至る可能性が高いユーザーにGoogle 広告でアプローチするといったマーケティング施策を打つことが可能になります。

参考サイト:Google マーケティング プラットフォーム 日本版 公式ブログ: Google アナリティクスの新しい予測機能

2.ユーザーを中心とした測定

GA4では、クロスデバイス・クロスプラットフォームを実現し、ユーザーがデバイスやプラットフォーム(ウェブ・アプリ)に関わらず、どのように行動したのかを明らかにできます。

これにより、マーケティング担当者が提供する「ユーザーID」や、広告のパーソナライズを選択したユーザーからの一意の「Googleシグナル」、ユーザーが使用する「デバイス情報(Cookie)」といった複数のIDを総合して、ユーザーのクロスデバイス(複数のデバイスをまたがった)行動を把握できるようになります。

たとえば、顧客が最初にウェブ上の広告からあなたのビジネスを発見し、後にそれが起因してアプリをインストールし購入に至ったか否かをデータで確認できるようになるのです。

ユニバーサルアナリティクスでは、スマホやPC・タブレットといったデバイスごとにユーザーを判別していたため、同一のユーザーでも別ユーザーとして判別される可能性を孕んでいました。デバイスやプラットフォームごとに断片化された測定ではなく、ユーザー中心の測定を提供できるGA4はアナリティクスにおいて新しい概念と言えるでしょう。

参照:Introducing the new Google Analytics

3.自動計測の充実

「スクロール数」や「離脱クリック」「サイト内検索」「動画エンゲージメント」といったイベントが自動で計測できるようになりました

ユニバーサルアナリティクス上では個別でタグの設定が必要であったため、アナリティクスの設定に慣れていない方でも、これらのイベント計測が容易になったと言えるでしょう。

※自動計測を利用するには、データストリーム>ウェブ>測定強化のイベントのオプションをオンにする必要があります。

※任意の条件(タイミング)でイベントを計測したい場合には、GTM(Google タグマネージャー)やgtag.js上での個別設定が必要になります。

4. より深いデータの活用

有償版「GA360」のみに搭載されていた、BigQuery(Googleの提供するDWHサービス)へのデータエクスポート機能がGA4にも標準搭載されました。

GA4で計測したイベントのローデータとBigQueryを連携することで、より深いデータの分析〜活用が可能になります

【Google アナリティクスとBigQueryの連携でできることの一例】

  • BIツールのデータ可視化
  • 複数データソースを掛け合わせた高度な分析
  • AI / MLによるデータモデリングと広告・MAツールへの活用
  • Web行動データを用いたセールス・顧客サポートへの活用

Google アナリティクス4 プロパティの「データストリーム」とイベント計測

GA4に移行する際には、データストリームやイベント設計について正しく理解しておく必要があります。特にイベントに関しては正しく設計を行わないと、従来のGoogle アナリティクスと同等のデータ分析を行うことが難しくなりますので注意が必要です。

データストリーム

ユニバーサルアナリティクスとGA4では、アカウント構造に違いがあります。これまでのビューに相当する階層がなくなり、データストリームに置き換わっています。

  • ユニバーサルアナリティクス:アカウント>プロパティ>ビュー
  • GA4:アカウント>プロパティ>データストリーム

データストリームとは、データが計測されたデータベースのことを指し、ひとつのプロパティ内に複数の異なる形式のデータストリームが存在します。

これによりタグで計測されたWebサイト用のデータと、Firebase経由で計測されたアプリ経由のデータを統合して計測し、ウェブとアプリをまたぐようなユーザー行動でも、同一ユーザーとして認識することが可能になっています。

イベント

ユニバーサルアナリティクスでは、「ページビュー」や「イベント」「トランザクション」といった異なるヒットタイプのデータを、「セッション」で包括したレポーティングが行われていました。

ユニバーサルアナリティクスのイベント計測

GA4では、従来の「ページビュー」や「トランザクション」といった概念がなくなり、全てイベントとしてデータを計測します。

GA4のイベント計測

イベントパラメーター

GA4では、全てイベントとしてデータが計測されることをお伝えしましたが、従来のイベントトラッキングと同レベルの計測を担保するためには、自ら「イベントパラメーター」を設定する必要があります。

イベントパラメーターは、計測する個々のイベントをより具体的に判別するために使用します。

例えば、Google アナリティクスで計測される情報が「イベント名:page_view」だけでは、イベントが発生したことはわかっても、どこのページが見られたのか、どこのサイトから流入してきたのかといった情報までは分かりません。

そこでイベントパラメーターに「page_location」「page_referrer」といった個別のパラメーターを付与することで、場所や参照サイトといった付加情報を取得することができます。

なお、自動収集されるイベント測定機能の強化に指定されているイベントに関しては、新たにイベントを作成する必要はありません。

イベントに関して、どのように設計すべきか分からない方のために、GoogleがGA4で設定すべき「推奨イベント」と関連づける「イベントパラメーター」を紹介していますので、そちらも参考にすると良いでしょう。

ユーザープロパティ

ユーザープロパティとは、顧客情報に基づく性年代や顧客ランクといったユーザーの分類情報を計測できる機能です。ユニバーサルアナリティクスのカスタムディメンションの「ユーザースコープ」に相当します。イベントパラメータと同様に、イベントに付随するユーザーに関するパラメータと考えれば良いでしょう。

例えば、ECサイトにおいて「会員」「非会員」のユーザープロパティの値を作成し、登録することによって、会員と非会員のサイト内での行動や購入履歴の違いを分析することが可能になります。

設定の仕方についてはこちらをご参照ください。

Google アナリティクス4 プロパティの設定方法

ここからは、GA4を新規作成する方法について解説します。

ここで注意したいのが、ユニバーサルアナリティクスに蓄積されたデータを、GA4に移管することは現状でできない可能性が高いということです。

そのため、今すぐにGA4に切り替えるのではなく、ユニバーサルアナリティクスと併用して使っていくことを強くおすすめします。

STEP1:設定画面からGA4へのアップデートを選択

Google アナリティクスの管理画面、左下の「設定」から、プロパティの項目にある「GA4へのアップグレード」をクリックします。

STEP2:内容を確認し、プロパティを作成する

GA4へのアップグレードの内容を確認後に、「ようこそ」のボタンをクリック。その後、ウィザードの実行内容という画面が表示されますので、「プロパティの作成」を選択してください。

なお、この時点でGA4のプロパティが新たに作成されますが、既存のプロパティには一切影響ありませんので、安心して操作を進めてください。

STEP3:GTMからタグを追加する

Google タグマネージャー(GTM)の管理画面から、「新しいタグを追加」をクリック。タグタイプに「Google アナリティクス:GA4 設定」選択してください。

タグの設定画面で、計測を行うサイトの「測定ID」を入力してください。なお、測定IDは、Google アナリティクスの設定>データストリーム>計測するサイトもしくはアプリを選択で確認できます。

測定IDを入力後、実際にサイトにアクセスし、リアルタイム画面に現在のユーザーが反映されていれば、設定完了です。

Google アナリティクス4 プロパティでよくある質問

最後に、GA4に関して弊社に寄せられるよくある質問について解説します。

記事に掲載していない質問に関して疑問点がある場合は、弊社まで問い合わせて頂ければ回答いたしますので、お気軽にご相談ください。

IPアドレスは除外できますか?

IPアドレスは、除外することができます。ユニバーサルアナリティクスからGA4にアップデートする際に、以前設定していたIPアドレスの除外を合わせて対応する必要がありますので、注意が必要です。

IPアドレスの除外は、データストリーム>タグ付けの設定>内部トラフィックの定義>内部トラフィックルールの作成から設定を行うことができます。

コンバージョンの設定方法について教えてください

コンバージョンの設定をするためには、イベントを新たに作成する必要があります。例えば、お申し込み完了ページへの到達(pageview)をコンバージョンとしてみなす場合、以下のようなイベントパラメーターを付与します。

  • 「event_name」 等しい 「page_view」
  • 「page_location」 含む 「完了ページのURL」

ユニバーサルアナリティクスのようにコンバージョンの目標設定からURLを指定するだけで、設定できる訳ではなくイベントやイベントパラメーターについて理解しておく必要があるので、注意しましょう。

サーチコンソールとの連携は可能ですか?

2020年1月現在、GA4とサーチコンソールの連携は不可となっており、今後も連携ができるかは不明です。そのため、GA上でサーチコンソールのデータを利用したい場合は、従来のユニバーサルアナリティクスを併用する必要があります。

データの保持期間は変更できますか?

GA4のデータ保持期間は、

  • 2ヶ月
  • 14ヶ月

の2種類から選択できます。初期設定では、2ヶ月に設定されていますので、データ設定>データ保持から14ヶ月に変更する必要があるでしょう。

データの保持期間を終了すると、月単位で自動的にデータが削除されます。14ヶ月以前のデータを閲覧することができなくなるので、過去のデータを閲覧したい場合には、BigQueryと連携するなどの対策が必要です。

Google アナリティクス4 プロパティでアクセス解析はどう変わるのか

Googleからアナウンスされているように、今後Google アナリティクスに関する新しい機能は、ユニバーサルアナリティクスではなく、GA4に搭載されていくことが予想されます。そのため、なるべく早い段階でGA4の新規プロパティを作成し、使い方に慣れていくことをおすすめします。

ただし、GA4はまだ発展途上の段階と言えます。現状は、今すぐにGA4に計測環境を切り替えるのではなく、ユニバーサルアナリティクスと併用して利用していくのが良いでしょう。

もし、自社での活用や、そもそものユーザー行動把握やアクセス解析データ戦略(CDP/ DMP構築含む)にお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

アクセス解析・導入の実績、サービス内容の詳細

現在、以下のようなことでお困りではありませんか?

  • Google アナリティクス等の解析ツールを導入したい
  • Webサイトの成果を正しく評価したい
  • 自分たちでアクセス解析やユーザー分析をしたい

弊社では、アクセス解析含むデータ戦略領域において経験豊富なプロフェッショナルメンバーが、最適な支援を実施します。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

サービス内容の詳細を見てみる

この記事を書いたメンバー

MASAHIRO NISHI

西 正広

Marketing Strategist / Data Analyst

1983年生まれ。大手不動産賃貸事業会社におけるWebディレクション・デジタルマーケティング業務後、インターネット専業広告代理店・株式会社電通デジタルにてアクセス解析・DMP・レコメンデーション・BIツールなどの導入・活用支援に取り組む。 2019年7月よりMOLTSに参画し、2020年より子会社KASCADEを設立し、取締役に就任。データに基づくサービス改善、ビッグデータ活用のコンサルティング、インハウス運用、データドリブンなマーケティング組織の構築を支援する。

  1. MOLTS
  2. アクセス解析
  3. ナレッジ
  4. Googleアナリティクス4(GA4)とは|変更点や設定方法を解説