SERVICE2

コミュニケーション戦略

提供領域

消費者との理想的な関係性を築くためのコミュニケーション戦略立案を支援

お問い合わせいただく課題

ISSUE

コミュニケーション戦略に関して、お問い合わせをいただくことが多い課題です。下記課題の他にもクライアントの状況をヒアリングし、事業成長に繋がる的確な課題の発見と解決策をご提示します。

コミュニケーション戦略がない、立て方がわからない

コミュニケーション戦略がない、最適な施策選定のためにコミュニケーション戦略を立案したいが、専門的な知識を持ったスタッフが社内におらず、立て方がわからない。

理想的なコミュニケーションプロセスが可視化できていない

自社商品の購入やサービス契約、継続的な購入や利用に至った理想的な消費者とのコミュニケーションプロセスが可視化されていない。

どのようなメッセージを伝えれば消費者の感情が動くかわからない

自社商品の継続的な購入や利用に至るまでの各段階(認知や興味、購入など)において、どのようなメッセージを訴求すれば消費者が態度変容するのかわからない。

複数のマーケティング施策の理想的な組み合わせがわからない

WebサイトやSNS、デジタル広告やマス広告、イベントやセミナーなど様々なマーケティング施策に取り組んでいるが、理想的な組み合わせがわからない。

マーケティングを担当する関係者間での共通認識が取れていない

社内のマーケティング担当者や関係部署、施策を依頼している広告代理店や制作会社など、マーケティングに関わる関係者間で人物像などの共通認識が取れていない。

各施策毎ではなく、マーケティング全体での投資対効果がわからない

マーケティングの各施策毎に効果測定は行っているが、マーケティング全体での投資対効果やマーケティング全体における各施策の貢献度がわからない。

MOLTSが提供できる
解決策

SOLUTION

コミュニケーション戦略の立案

ストーリーの作成

デジタルテクノロジーの進化に伴い、消費者との接点は多様化しています。マスメディアや店舗といった接点に加えて、WebサイトやSNS、メールやチャットといったデジタル上での接点が増加しました。さらにデータを活用することで、訴求内容を消費者に合わせて変えることも可能となりました。このように接点が多様化している状況のコミュニケーションで重要になるのが一貫性です。各接点で消費者が受けるブランド体験がバラバラにならないように、ブランドのコンセプトを明確にして、消費者に響くストーリーを作成します。

コミュニケーションプロセスの可視化

消費者が商品の購入やサービスを契約し、その後の継続的な購入や利用に至るまでの流れを可視化します。MOLTSでは購買行動プロセスのフレームワークを複数活用し、クライアントごとに最適なコミュニケーションプロセスの段階(認知、興味・関心、購入・利用、再購入・利用、共有など)を設定します。その後、各段階において消費者がとる行動や感情を定義し、次の段階への態度変容を促すコミュニケーションメッセージとメッセージを伝える接点を検討します。

ペルソナの作成

自社商品やサービスにとって最も重要で象徴的な人物像であるペルソナを作成します。あくまでもペルソナは人物像でありターゲットではありません。MOLTSではターゲットはマーケティング戦略にて選定した市場(複数の人が存在する集団)であり、ペルソナは架空の人物像と捉えています。ペルソナを作成することで、マーケティングに関わる全ての人で共通認識が生まれてコミュニケーションを円滑にすることが出来るほか、消費者を鮮明にイメージしたマーケティング施策の立案により成功確率を高めることができると考えています。

コミュニケーション戦略の見直し

コミュニケーションプロセスの見直し

コミュニケーション戦略が上手く機能していないパターンとして、担当者が主観で自身の理想的なコミュニケーションプロセスを描いている場合や、自社に適していないコミュニケーションプロセスのフレームワークをそのまま活用してしまっている場合が見られます。MOLTSではアクセスデータや顧客データなどを活用して、現時点で理想的な行動をしている顧客を発見し、この顧客の行動を踏まえて客観的なコミュニケーションプロセスを描きます。

コミュニケーション施策の整理と見直し

Webサイト・SNS・メルマガ・デジタル広告・マス広告・イベント・DM・セミナーなど、現在実施している、今後実施予定の全てのコミュニケーション施策を洗い出し、コミュニケーションプロセスの段階毎に適切な施策を割り当てていきます。無限のコミュニケーション施策の組み合わせが考えられますが、コミュニケーションプロセスに基づき、効率よく態度変容を起こすことが可能な組み合わせを発見することが投資対効果の最大化に繋がります。

施策評価手法の見直し

各コミュニケーション施策を正しく評価するために、コミュニケーションプロセスにおける各段階毎のKPIを定義します。これらのKPIは事業成長との相関性が高い指標を選びます。各コミュニケーション施策単体での改善を目的とした効果検証はもちろん、マーケティング活動全体での投資対効果を可視化するため、コミュニケーションプロセス全体における各コミュニケーション施策毎の貢献度を評価できる仕組みを確立する必要があります。

ご提供プランと支援実績

PLAN & CASE

MOLTSではコミュニケーション戦略支援に関して、下記のプランを用意しています。最適なプランや具体的なご支援内容・費用については、ヒアリング後に改めてご提示いたします。

コンサルティング

コンサルティング

都度見積もり / 月額

40

万円~

コミュニケーション戦略の立案や見直しについてのコンサルティングを行います。戦略立案に必要な調査から戦略立案手法を学べる講義、戦略立案のワークショップまで幅広く支援します。

これまで携わってきた企業

本領域だけではなくMOLTSグループの取引実績です

実績を詳しく見る

MOLTSの
デジタルマーケティング
コンサルティングの特徴

FEATURE

特徴

実務経験の豊富なプロフェッショナルが集う

それぞれの専門分野において、豊富な実績を持つプロフェッショナルのみが集まっています。事業会社やマーケティング支援会社での施策実行経験を多数持ち、幅広い選択肢の中から、事業目標の達成に直結する、最適な施策を選択して実行します。

01

特徴

クライアントの状況に合わせてそれぞれの専門性を持ったコンサルタントが対応

MOLTSではコンサルタントが専門分野外のコンサルティングを行うことはありません。クライアントの状況に合わせ、戦略立案フェーズでは戦略立案を専門とするコンサルタントが、施策実行フェーズでは実施する施策を専門とするコンサルタントが、統合型のプロジェクトでは複数のコンサルタントがチームを組んで対応するなど、最適な形での施策実行を実現します。

02

特徴

戦略設計から施策代行まで柔軟に対応

社内体制に十分な余裕がない場合は、施策の実行までMOLTSで代行することも可能です。外部パートナーの選定から施策実行時のプロジェクトマネジメントまで、担当コンサルタントが継続して担当し、円滑に進行できる体制を構築します。社内体制が整うまでの一時的な代行など、期間限定での対応も可能です。

03

ご契約までの流れ

FLOW

お問い合わせをいただいた後、初回面談にて、貴社の企業・事業課題、現在のお取り組み状況、
体制状況などをヒアリングさせていただき、ミッションの定義を行います。

STEP

01

お問い合わせ・初回面談

お問い合わせをいただいた後、初回面談にて、貴社の企業・事業課題、現在のお取り組み状況、体制状況などをヒアリングさせていただき、ミッションの定義を行います。

お問い合わせ・ご相談はこちら

STEP

02

ご提案作成

初回面談を通じてご教示いただいた情報や、必要に応じて貴社・競合企業の分析、市場調査などを行い、ミッション定義を踏まえ、貴社の課題を解決するご提案を作成します。

STEP

03

ご提案・ディスカッション

お打ち合わせにてご提案をいたします。ご提案内容に対してのディスカッションを行い、必要に応じて再提案を行う場合もあります。

STEP

04

契約締結

ご提案内容で合意いただけた場合は契約の締結を行います。
※秘密保持契約等に関しましては、初回面談時に締結することも可能です。

STEP

05

プロジェクト進行

正式にプロジェクトが発足し、ご提案内容を基にプロジェクトを進行していきます。

よくある質問

FAQ

私たちが提供できるサービスやお取り組みに関して、
よくある質問を以下にまとめていますので、ご参考ください。

  • コミュニケーション戦略を立案するまでの期間はどれくらいですか?

    クライアントへのヒアリングを中心にコミュニケーション戦略立案を行う場合は最短で2ヶ月程度、別途調査も実施する場合は最短で3ヶ月ほどをお考えください。調査内容やディスカッションの期間などによって期間は大幅に変動するため、ヒアリングを踏まえて期間をご提示いたします。

  • コミュニケーション戦略と一緒にブランド戦略やマーケティング戦略等の戦略も一緒に立案できますか?

    はい、ブランド戦略・マーケティング戦略・コミュニケーション戦略には関連性があるため、同時に戦略立案を行うことで相乗効果も見込めます。

  • 社内で活用しているオリジナルのコミュニケーション戦略フレームワークを活用してもらうことは可能ですか?

    可能です。フレームワークについてご教示いただき、ブランド戦略立案にあたって足りない要素がある場合にはオリジナルのフレームワークをベースにディスカッションを行いながら要素を追加していく形で進めていきます。

  • コミュニケーション戦略に基づいた施策の実行までお願いすることはできますか?

    もちろん可能です。特にデジタルマーケティング領域の施策であれば幅広い経験があります。コミュニケーション戦略を深く理解した上での施策実行支援が可能です。

まずは貴社の
コミュニケーション戦略の
お取り組み状況について
お聞かせください。
最適な改善策をご提示します。

コミュニケーション戦略に留まらない
MOLTSのサービス

SERVICE

MOLTSは幅広いデジタルマーケティング領域に対応するため、一人ひとり専門性の異なるプロフェッショナルが在籍しています。
特定の手段にとらわれることなく、様々な選択肢を検討し、最適な戦略・施策・体制によるデジタルマーケティングの実施により、
堅実な事業成長に貢献します。

提供サービス

様々な形でサービスを提供しています。

マーケティング支援

クライアントの課題を発見し、最適なプロフェッショナルがデジタルマーケティング支援を行います。体制やご予算などの状況に合わせて、コンサルティングから運用代行まで、事業会社・マーケティング支援会社を問わず、柔軟に対応することができます。

サービスを詳しく見る

事業開発

自社事業・アライアンス

デジタルマーケティングにおける様々な領域のプロフェッショナルが在籍している強みを活かして自社でも事業開発を行っています。自社事業においても成果を追求し、成長を通じて得た知見をマーケティング支援を行う際にも活用しています。

サービスを詳しく見る プロフェッショナルを見る

取引継続期間

平均11.9ヶ月

クライアントとの取引継続期間の平均値

1人当たりのプロジェクト件数

7

1人あたりの月間の
プロジェクト件数の平均値

企業規模

上場企業 26%
非上場大企業 25%
中小企業 26%
スタートアップ 17%
小規模事業者 6%

クライアントの企業規模を分類した割合

参画タイミング

検討・新規施策 50%
運用途中・改善 50%

立ち上げか進行中か
プロジェクトに参画時の割合

事業対象

toB 35%
toC 65%

クライアント企業が対象とする
顧客の対象割合

フロント属性

役員 43%
事業責任者 13%
マーケ責任者 41%
現場担当 3%

取引開始時のフロントになった方の属性

数字でみるMOLTSの
マーケティング支援実績

DATA

2020年12月時点でのMOLTSのマーケティング支援実績を様々な数値でまとめました。

異なる専門領域を持つ
プロフェッショナル

MEMBER

メンバーを見る
Result Driven.
  1. MOLTS
  2. コミュニケーション戦略