SERVICE2

データ戦略

提供領域

マーケティング活動を強化するデータ戦略立案を支援

お問い合わせいただく課題

ISSUE

データ戦略に関して、お問い合わせをいただくことが多い課題です。下記課題の他にもクライアントの状況をヒアリングし、事業成長に繋がる的確な課題の発見と解決策をご提示します。

データ戦略がない、データ戦略の立て方がわからない

データ戦略がない、データをマーケティングに活用するためのデータ戦略を立案したいが、専門的な知識を持ったスタッフが社内におらず、立て方がわからない。

社内で収集しているデータが一元管理されていない

Webサイトのアクセスログや顧客データ、POSデータや位置情報データ、調査データなど、様々なデータを社内で収集しているが、統合・整理されておらず点在している。

顧客理解を目的としたデータの分析方法がわからない

データを活用して自社の顧客を深く分析し、マーケティング戦略や施策の立案に活かしていきたいが、分析手法がわからない。

データを活用して消費者とのコミュニケーションを最適化したい

マーケティングオートメーションツール(MAツール)やWeb接客ツール、広告配信ツールなどを活用して、One to Oneマーケティングを行いたい。

必要なデータの集め方・選び方がわからない

どのテクノロジーを活用してデータを収集すればよいかわからない。セカンドパーティデータやサードパーティデータを活用したいが、どのデータを選べばよいかわからない。

データの可視化ができていない

BIツールなどを利用して、社内の全員がデータを読み取り意思決定できるようにしたい。定期的に行っているレポート作成業務を自動化したい。

MOLTSが提供できる
解決策

SOLUTION

データ戦略の立案

データ活用目的の定義

マーケティングにおけるデータ活用の目的は大きく「顧客の理解」と「コミュニケーションの最適化」の2つに分けられると考えています。この考え方をベースとして顧客理解であれば「どのような顧客を理解したいか」「顧客の何を理解したいか」など、コミュニケーション最適化であれば「どのような顧客とのコミュニケーションを最適化したいのか」「どうやってコミュニケーションを最適化したいか」などを考えてデータ活用の目的を定義します。

データ活用に最適なデータの選定

データにはWebサイトのアクセスログやアプリのログデータ、デジタル広告の配信データ、顧客データ(会員情報やCRMデータなど)やPOSデータ、位置情報データや調査データ、ソーシャルデータやオーディエンスデータなど様々な種類があります。これらのデータの中から定義した活用目的やデータの保有状況、データへの投資額などを踏まえ、最適なデータ・データの組み合わせを検討します。

データ活用に最適なテクノロジーの選定

データの収集・統合・分析に活用できるマーケティングツールとして、CDPやDMP、CRMツールやMAツールなどがあります。データ分析・可視化を行うBIツールやダッシュボードツール、分析に特化したデータマイニングツール、Webサイトやアプリに特化したアクセス解析ツールなど、データ活用のためのテクノロジーは多岐にわたり、一部の機能が被っている場合も多々見受けられます。各ツールは高額な投資が必要な場合もあり、最短でデータ活用目的を達成できるテクノロジーの選定が重要となります。

データ戦略の見直し

データの整理

既に様々なデータを社内で収集・蓄積している場合、データ活用目的を踏まえ、必要なデータを見直します。社内の別々の部署が同じデータを収集している場合や利活用できていないのにセカンドパーティーデータやサードパーティデータのデータ購入だけ続けている場合、顧客データの統合がされておらず、同一顧客のデータが複数蓄積されている場合などがあります。データ活用に必要なデータを見極め、データが社内全体の資産となるようにデータの整理を行います。

データの分析手法と可視化の見直し

データを活用した顧客理解を目的とする場合、「特定の顧客の行動を深く理解すること」と「複数の顧客セグメントの中で最も投資対効果の高い顧客セグメントを発見すること」では分析手法が異なるため、必要なデータと最適な分析手法を見極める必要があります。また、分析結果をグラフやチャートで可視化することにより、マーケティング戦略や施策を立案・改善する担当者の意思決定を早めることができます。よりデータ活用効率高めるため、現在のデータ分析手法と可視化を見直します。

コミュニケーションの最適化

コミュニケーション戦略も考慮して、データを活用した消費者とのコミュニケーション手段を整備します。マーケティングオートメーションツール(MAツール)やCRMツール、Web接客ツール、レコメンドエンジン、メール配信ツール、広告配信ツールなどをCDPやDMPなどと連携し、特定の顧客や顧客セグメント毎に最適なメディアや時間、クリエイティブやメッセージを判別してコミュニケーションを行います。

ご提供プランと支援実績

PLAN & CASE

MOLTSではデータ戦略支援に関して、下記のプランを用意しています。最適なプランや具体的なご支援内容・費用については、ヒアリング後に改めてご提示いたします。

コンサルティング

コンサルティング

都度見積もり / 月額

40

万円~

データ戦略の立案や見直しについてのコンサルティングを行います。戦略立案に必要なデータ利活用の考え方が学べる講義や、戦略立案のワークショップまで幅広く支援します。

※最低2ヶ月契約〜

ご提供プランと支援実績

PLAN & CASE

MOLTSではデータ戦略支援に関して、下記のプランを用意しています。最適なプランや具体的なご支援内容・費用については、ヒアリング後に改めてご提示いたします。

支援実績

これまで携わってきた企業

本領域だけではなくMOLTSグループの取引実績です

実績を詳しく見る

MOLTSの
デジタルマーケティング
コンサルティングの特徴

FEATURE

特徴

実務経験の豊富なプロフェッショナルが集う

それぞれの専門分野において、豊富な実績を持つプロフェッショナルのみが集まっています。事業会社やマーケティング支援会社での施策実行経験を多数持ち、幅広い選択肢の中から、事業目標の達成に直結する、最適な施策を選択して実行します。

01

特徴

クライアントの状況に合わせてそれぞれの専門性を持ったコンサルタントが対応

MOLTSではコンサルタントが専門分野外のコンサルティングを行うことはありません。クライアントの状況に合わせ、戦略立案フェーズでは戦略立案を専門とするコンサルタントが、施策実行フェーズでは実施する施策を専門とするコンサルタントが、統合型のプロジェクトでは複数のコンサルタントがチームを組んで対応するなど、最適な形での施策実行を実現します。

02

特徴

戦略設計から施策代行まで柔軟に対応

社内体制に十分な余裕がない場合は、施策の実行までMOLTSで代行することも可能です。外部パートナーの選定から施策実行時のプロジェクトマネジメントまで、担当コンサルタントが継続して担当し、円滑に進行できる体制を構築します。社内体制が整うまでの一時的な代行など、期間限定での対応も可能です。

03

ご契約までの流れ

FLOW

お問い合わせをいただいた後、初回面談にて、貴社の企業・事業課題、現在のお取り組み状況、
体制状況などをヒアリングさせていただき、ミッションの定義を行います。

STEP

01

お問い合わせ・初回面談

お問い合わせをいただいた後、初回面談にて、貴社の企業・事業課題、現在のお取り組み状況、体制状況などをヒアリングさせていただき、ミッションの定義を行います。

お問い合わせ・ご相談はこちら

STEP

02

ご提案作成

初回面談を通じてご教示いただいた情報や、必要に応じて貴社・競合企業の分析、市場調査などを行い、ミッション定義を踏まえ、貴社の課題を解決するご提案を作成します。

STEP

03

ご提案・ディスカッション

お打ち合わせにてご提案をいたします。ご提案内容に対してのディスカッションを行い、必要に応じて再提案を行う場合もあります。

STEP

04

契約締結

ご提案内容で合意いただけた場合は契約の締結を行います。
※秘密保持契約等に関しましては、初回面談時に締結することも可能です。

STEP

05

プロジェクト進行

正式にプロジェクトが発足し、ご提案内容を基にプロジェクトを進行していきます。

よくある質問

FAQ

私たちが提供できるサービスやお取り組みに関して、
よくある質問を以下にまとめていますので、ご参考ください。

  • データ戦略立案の期間はどれくらいですか?

    新規でのデータ戦略立案は最短で2ヶ月程度をお考えください。現在利用されているツールの利用状況やデータ量、戦略立案時のディスカッション回数などによって期間は大幅に変動するため、ヒアリングを踏まえて期間をご提示いたします。

  • ツール導入までサポートしてもらえますか?

    CDP/DMPをはじめ、MAツールやCRMツール、Web接客ツールやアクセス解析ツールなど、様々なマーケティングツール導入の経験があります。また、未経験のツールであってもパートナー会社と協力しながら導入サポートが可能です。

  • データ購入をお願いすることはできますか?

    弊社が直接データ購入することは出来ませんが、購買データや調査データ、位置情報データ、ソーシャルデータやオーディエンスデータなどをパートナー会社と連携して購入することができます。

  • データ分析をお願いすることはできますか?

    アクセス解析など、一般的な分析については弊社で担当することができます。機械学習などを用いた高度な分析についてはデータサイエンティストを抱えるパートナー会社と連携して行います。

まずは貴社の
データ戦略の
お取り組み状況について
お聞かせください。
最適な改善策をご提示します。

データ戦略に留まらない
MOLTSのサービス

SERVICE

MOLTSは幅広いデジタルマーケティング領域に対応するため、一人ひとり専門性の異なるプロフェッショナルが在籍しています。
特定の手段にとらわれることなく、様々な選択肢を検討し、最適な戦略・施策・体制によるデジタルマーケティングの実施により、
堅実な事業成長に貢献します。

提供サービス

様々な形でサービスを提供しています。

マーケティング支援

クライアントの課題を発見し、最適なプロフェッショナルがデジタルマーケティング支援を行います。体制やご予算などの状況に合わせて、コンサルティングから運用代行まで、事業会社・マーケティング支援会社を問わず、柔軟に対応することができます。

サービスを詳しく見る

事業開発

自社事業・アライアンス

デジタルマーケティングにおける様々な領域のプロフェッショナルが在籍している強みを活かして自社でも事業開発を行っています。自社事業においても成果を追求し、成長を通じて得た知見をマーケティング支援を行う際にも活用しています。

サービスを詳しく見る プロフェッショナルを見る

取引継続期間

平均11.9ヶ月

クライアントとの取引継続期間の平均値

1人当たりのプロジェクト件数

7

1人あたりの月間の
プロジェクト件数の平均値

企業規模

上場企業 26%
非上場大企業 25%
中小企業 26%
スタートアップ 17%
小規模事業者 6%

クライアントの企業規模を分類した割合

参画タイミング

検討・新規施策 50%
運用途中・改善 50%

立ち上げか進行中か
プロジェクトに参画時の割合

事業対象

toB 35%
toC 65%

クライアント企業が対象とする
顧客の対象割合

フロント属性

役員 43%
事業責任者 13%
マーケ責任者 41%
現場担当 3%

取引開始時のフロントになった方の属性

数字でみるMOLTSの
マーケティング支援実績

DATA

2020年12月時点でのMOLTSのマーケティング支援実績を様々な数値でまとめました。

異なる専門領域を持つ
プロフェッショナル

MEMBER

メンバーを見る
Result Driven.
  1. MOLTS
  2. データ戦略